FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島3/11の真実

ソース:http://311truth.wordpress.com/

3-years-fuku-800x900.png

そろそろあなたは日本で2011年3月11日についての公式の物語が、その日に本当に起こったものの表現ではないとすでに気がついたかもしれません。真実が何であるかを判断するには、その日に起こったものとイベントを取り巻く嘘と偽装がとても深く実行し、国際社会で最も高い水準に達しているため、その影響で非常に重要です。

私たちが将来に類似したりさらにもっと悪いイベントを防ぎたい時、311の真実を公開することが重要です。日本やその人々に対する行為や戦争(戦争犯罪)に献身的な本当の犯人が、完全に処罰を免れた世界に(今のところ)彼らの脅威を逃げた現在の状況を変えるためには311の真実を公開することは貢献することもできます。

確かにオンラインで、福島と311について言われて書かれている多くがあります、そして人が期待するように全ては真実ではありません。しかしながら、メディア、政府と世界のどこでも世界統治機関による公式声明も同様とする、信頼されたデータを見つけることを非常に難しくする間違った情報を広めることにより、彼らは偽装を喜んで煽ります。

混乱は確かに311とその結果として生じるイベントを隠す特徴で、福島311の真実は、私たちが事実と真実を見つけて贈ろうとしているだけの時からこの混乱の原因となってはいけません。
それで、私たちはこれまで何を知っていて、事実は何でしょう?

1. 2011年3月11日、日本を襲った9.0の地震はマグニチュード9.0の大きさではなかった疑い

日本の3/11の地震の本当で最も高い値は以下である:

・マグニチュードで7.0
・強さで(最大)6.67

2011年、3月11日の本当の7.0の地震は、目撃者の証言[1,2,3]、公式の地図/チャート専門調査に基づいてすでに証明することができ、証明されました。

2. 公式の物語とメディア報道、イベントのチェーン全体は戦争行為に関係、破壊活動と環境テロにおいて定義された福島ではどんな「事故」も決してありませんでした。

津波を引き起こした地震から、したがって津波自体は原子炉の爆発と偽情報の拡散、それは日本と世界の残りを狙う(エコ)恐怖、偽装と恐喝の全ての部分です。

3. 複数のソースは、福島第一の原子炉4についての公式の物語について尋ねます

文章で十分に裏付けられた(インターネット)調査[1,2]に加えて、スウェーデン王立理工学アカデミー(IVA)とドイツVGBパワーテック(欧州発電技術協会)の両方も、福島第一の原子炉(ユニット)4における破壊と疑わしい爆発のために与えられている表向きの理由を疑っています。

4. 3/11のイベントの連鎖全体に複数のイスラエルのつながりがある強力な証拠が存在します


米国イスラエルのスタックスネットウイルスは、2010年7月の早い時期に日本で検出されました。シーメンスSCADA(監視制御とデータ収集)システムは、日本の福島で用いられたようにスタックスネットが攻撃するように設計されていた最初の目標です。

イスラエル「セキュリティ」企業マグナBSP[1,2]は、福島原子力発電所を含む日本における多数の核施設で保安を担当しています(そしてまだそうです)。彼らの疑わしい以上にまた不審な行動、技術と機材との組み合わせで、イスラエルモサドと国土安全保障省への彼らのユニークな繋がりは、あまりにも彼らの側から活発な破壊活動を前提とするちょうど一つ以上の理由をあげます。

また、イスラエルの組織された暴力団やマフィアは、日本の福島における除染にリンクされています。使い捨てて消費できると考えられるのでそれによってホームレスの人々は配置されています。

5. 証拠は地震と津波を故意に引き起こすことが出来るということを証明します

この証拠は、1997年の軍事ブリーフィングの間に元米国国防長官ウィリアム・S・コーエンの環境テロリズムの定義に関する声明に基づくだけでなく、もっぱら津波爆弾のような装置の存在の証明に基づく証拠もあります。実際には、この証拠は例えばメキシコで、要求に応じて地震が引き起こされて届けられたように、2012年に稼働した計画された地震シミュレーションのような、他の証明されたケースに関してだけでなく、2つ前に言及されたケースと事実に関して基づきます。

6. 福島の核の除染実行の間に日本の他の地域は問題を提起します

これらの質問が出てくる理由は以下の事実のためです:

・最低5万人は配置され、少なくとも800人が既に亡くなった
・人々は除染に関しての真実について沈黙を保っていることに恐れがある

・株式会社大林組、大成建設、アイ総合サービス(?)、鹿島建設と清水建設、そして56の下請け業者のような主要な20・の請負業者は、とてもゆるく管理された除染活動に関与している

・少なくとも合計733の会社が除染に関わっている
・日本のマフィア(イスラエルマフィアにつながっている)-山口組、住吉会と稲川会-は核のホットスポットの汚染除去、それからホームレスと搾取された労働者に向けた死の脅威に関わっている

7. 文章化されたイベントの地震波信号は計画的な意図を確認します

核実験、自然地震と3/11の地震のチャートを比較することは、人工地震が3/11に生じたことを明らかします

8. 不正確な説明と恐怖を煽ることは、3/11の真実探求のためになりません

偽情報(ブラックプロパガンダ)偽の放射線チャート公式の証拠資料を広げることは、以下に意図される恐怖を煽ることにほかならないと述べることが出来る:

・更なる秘密(主義の)のアジェンダ
・市民を騙す
・不必要なヒステリーを煽る
・ウェブサイトのトラフィックを作り出す
・「サバイバル製品」の販売を後押しする

特定の健康問題は福島の破壊活動による核放射能と関係ありますか?はい、しかし、これは非常に限定されて大部分は日本人(それでも控えめに言って悲しむべき事実である)にとっての問題です。同様に多くの放射線が自然に発生し、それはもちろん、誰もが用心深くなってはいけないことを無意識的に意味しません。

結論

あなた自身で目撃することが出来るように、福島3/11の公式の物語と結果として生じるイベントについては、ほとんど事実に基づく記録として記述する事はできません。実際の所、メディア、政府やグローバル・ガバナンスの実体により提供されるように、真実の核心が公式の物語にいかなる場合でも含まれないことは明らかです。

全ての提供されたデータと証拠に基づいて、国連(UN)の態度、欧州連合(EU)、イスラエル政府、アメリカ合衆国、マグナBSP(イスラエル)、米国地質調査(USGS)、米国原子力規制委員会(NRC)、国際原子力機関(IAEA)、体制と代替メディアと2011年3月11日以来、彼らの実行を考慮する、それによって重要なデータと証拠が必ずしも上記の提供された事実だけに限るというわけではなく、意図的に国民-まだ3/11のイベントや日本の状況の誤解を生じ続ける-から与えないでおく、それは今、破壊活動、戦争行為、戦争犯罪と環境テロリズムはこのひどい状況を作った人々を裁判にかける時間よりも発生し、それ以来ほぼ3年経ちました。

それは私たちが国連(UN)、欧州連合(EU)、イスラエル政府、アメリカ合衆国、マグナBSP(イスラエル)、米国地質調査(USGS)、米国原子力規制委員会(NRC)、国際原子力機関(IAEA)が以下について責任があると見なす時です:

・戦争犯罪とエコテロリズム
・人権の侵害
・偽装、偽証的な証拠を取り繕うことによる
・心理戦争
・殺人
・汚職
・偽造
・ゆすり
・産業破壊活動
スポンサーサイト

テーマ : 原子力問題
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。