FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えたマレーシア航空370便の話:AWACSのハイジャックを証明する

エドワード・スノーデンも元CIAでNSAでしたね。彼は知っているんでしょうか?

AWACSとは

早期警戒管制機(そうきけいかいかんせいき、airborne warning and control system、AWACS、airborne early warning and control、AEW&C)とは、軍用機の一種、大型レーダーを搭載し、一定空域内の敵性・友軍の航空機といった空中目標を探知・分析し、なおかつ友軍への航空管制や指揮を行う機種である。空中警戒管制システムや空中警戒管制機とも呼ばれる。「AWACS」は「エーワックス」のように読まれることが多い。

ウィキより引用

以下本文
ソース:http://www.jimstonefreelance.com/awacs.html

マレーシア航空の370便はAWACS飛行機に証明可能な方法でハイジャックされています。これは以下の更新で概説されています。

「トランスポンダーはスイッチを切られた」(たわごと)レーダーがレーダーであるので、マレーシア軍はそれが民間のレーダーから「消えた」後に軍のレーダーで丸一時間追跡しました。「トランスポンダー」には飛行機を追跡する必要がなく、彼らは犬の糞を食べることが出来なかった。そしてAWACSはいずれにしろ誘拐している飛行機のためにどんなトランスポンダーでもシャットダウンして、それを行うのにテロリストは必要ではありませんでした。

とにかく、飛行機はUターンしてマレーシアの向こう側で「最後に見つかりました」。
彼らはそれがまだ29500フィートでレーダーから「消えた」理由であると信じる人々を欺くために、レーダーに表示するために必要なよりもはるかに高かった時、「低空飛行」したというミスを犯しました。
「トランスポンダーはスイッチを切られた」ので、どのように民間のレーダーから消失したかについての嘘の全ては生み出されたが、レーダーはレーダーで商業旅客機だけがトランスポンダーを持つことを要求され、民間飛行機は要求されません。
レーダーはとりわけ商業的なものを打つことからトランスポンダーを持たない民間旅客機を防ぐためにあります。そしてレーダーがトランスポンダーを持たない民間旅客機を見ることができるなら、それは確かにジャンボジェットを見ることが出来ます。
それでトランスポンダーの嘘をすることができて壊すことが出来ます。

しかしたとえ軍のレーダーがより長く今の認められた丸一時間の間追跡したとしても、飛行機は民間のレーダーから姿を消します。

飛行機が36000フィートである間、民間のレーダーから消失させることができたのは軍のレーダーで見えますか?一つのことと、それだけがボーイングジェット - アメリカ空軍AWACS飛行機のアンテナ - につけたUFO(いくつか推測して)のように見えます。
民間のレーダーから消えた行方不明のジェットが、まだより強力な軍のレーダーで見えるままだったという事実は、9/11でツインタワーの事故をコントロールされていない場合AWACS飛行機が注意深いビデオでみられたように、確かにAWACSジャックであったことを証明します。一度飛行機が十分に西側を飛んだら、おそらく両方の入ってくる信号の角度がそれらの同時キャンセルを考慮した地帯に入ったので、AWACSは明らかに民間と軍のレーダーの両方に妨害するのに十分でした。
つまり飛行機が最終的に永遠に「消えた」ところで、一時間後に「公式」消失を行います。最後に消えたのは29500フィートにいる間でした。
AWACSは当初レーダープラットフォームとして発表されたけれど、妨害と乗っ取りを含む多くの種類のラジオを指向する任務を務めるAWACS型飛行機の様々な種類があり、それらは全て同じアンテナドームを備えています。


このシナリオで私たちは現在以下である。飛行機はUターンして今の認められた丸一時間の間反対の方向へ飛んだ。更新:5時間。それはAWACS物語を裏付けます。
「テロリスト」の明らかな偽の写真合成。それはAWACS物語を裏付けます。

携帯電話はまだ鳴っている、それが可能なのは安全な着陸だけです。それはAWACS物語を裏付けます。

ブラックボックスは無くなった。それはAWACS物語(飛行機は明らかに無傷)を裏付けます。

飛行機を電子的のハイジャックする理由 - 防衛を働かせる半導体企業から最高の20人、まだ非常に強力ではない同盟国ではない国家のために働いている従業員 - それはAWACS物語を裏付けます。

そして壮大なフィナーレ:飛行機が軍のレーダーで見えている間、民間のレーダーから消失します。それはAWACS物語を裏付け、人々が眠っていくつかの眉を上げないなら、ビーチバラソルの上に津波のような理論を最前線に押します。

そして、これに関してCIAの明らかなたわごとの後押しが同様にAWACS物語を裏付けると言わなければなりません。この飛行機が現在どこかでバラバラに現れるなら、それはAWACS飛行機で電子的に乗っ取られた - 9/11で見られた同じタイプで、人々は押しつけて疑いました(おそらくエンジニアは防衛機密のために水責めされたでしょう)。その飛行機がバラバラに現れた場合、それは昨晩起こった、最終的な答えは三日前ではない。

更新:アメリカ空軍を証明するための正確な理論シーケンスは、マレーシアの航空会社をハイジャックしました。

1.正確に受信した信号をモニターして、返信の信号(またはその段階をキャンセル)をだますことができるAWACSタイプのシステムは欠けています。どんなレーダーシステムからも非ステルスアルミニウム外装の飛行機は消えることが出来ません。民間のレーダーから消えた後、それはAWACSに対してより良く動作する軍事レーダーに残りました。それはかなり全てを物語っている。

2.イランはロシアの仲間です。ロシアにはWACSタイプのシステムがあるが、ばかばかしく模造された写真により裏付けられる偽造パスポート物語によるテロ計画でイランを仕組もうとしません。ロシアは実行しませんでした。

3.中国とマレーシアもAWACSタイプを持っています。中国のエンジニアとともにマレーシアの飛行機が飛ぶことがあったので、中国もマレーシアもこれを実行しなかったことは外で合理化するのは間違いないです。

4.飛行機に乗ったエンジニアもAWACSのようなステルス技術で働いたけれども、そのようなシステムを機能させるにはUFO型の巨大なアンテナが必要で、マレーシアの旅客機ジェットには標準装備としてそれらがありません。これはフリースケール・セミコンダクタ
(アメリカの半導体製造企業)によってなされるスタントではありませんでした。

5.イスラエルはイランとの戦争を望み、恐ろしく模造された写真でテロ計画を準備しているCIAは米国空軍に対して証拠のプールに立っている、それは彼らの性奴隷です。

6.明らかな動機は軍事的で、本当のつながりは完全に巡航高度である間に軍事レーダーではなく、民間のレーダーから飛行機が消えた事実でした。この場合、空軍はAWACS(シグナルの幸運な配列が無い限り、同時に複数のシステムを誤魔化すことは極めて困難)でどのレーダーを誤魔化すか選ばなければならず、彼らはちょうど軍事的に理解しないことを望みました。1つ問題があります、マレーシア軍は空軍が思ったほど無能ではありませんでした。計画は失敗です。

7.イランのテロ計画はよくロジック・ツリーに適します。明らかに写真は偽造されたので、誰がそうしましたか?誰がイランとの戦争を望みますか?そこは非常に簡単ではありません。

8.携帯電話は鳴って、彼らがどこにいるのか言える世界で唯一の組織はNSAです。なぜ黙っている?

論理の順序を出力:NSAに資金供給を保つ人々により飛行機は電子的にハイジャックされたので、NSAは黙れと言われています。もしそれらの電話が失われた荷物の中にあるなら、NSAはすぐにそう言ったであろう。そして今ごろ航空会社さえそれを見つけ出し、鞄を見つけ、鳴っている電話が聞こえ、なぜ鳴っているか知っていると言っただろう。ある時、一台の電話が拾われ何も言わずに切られたので、多少のアメリカの運送業者に起こることがあるように、電話は死んで鳴っていません。いやしかし、NSAからこの上何もない、これらの電話はどこかの滑走路で鳴っていることを意味し、NSAは正確に場所を知っています。それでも彼らはまだCIAをサポートし、偽の写真とともに二人のイラン人について、でたらめのテロ計画を孵化するのが最善であるために行っており、そこにあなたの答えがあります。アメリカはその飛行機を持っていて、おそらくまさに今フリースケールエンジニアを水責めにして、中国軍の秘密を抽出しているでしょう。もし飛行機が現在バラバラに「見つかる」なら、「彼ら」がでたらめな筋書きを諦めてペトロナス・ツインタワーやシアーズ・タワー(ウィリス・タワー)でそれを使うよりは、むしろどこかに捨てると決めたこと意味します。

ハイジャック犯は500マイル離れてレーダーシステムのスイッチを切る事はできず、飛行機がどこに行ってもレーダーに発見されるのを防ぐことが出来ない、AWACSだけが出来たので、私たちはマレーシア軍が飛行機を追跡出来なかったことを知っている今、ハイジャックストーリーは機能しません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。