FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河のタイムライン/シュメールの粘土板の話

覚えにくい名前が多いですな。
ピラミッドについての話がほとんどないけど、もっと昔からあったのだろうか?
それにしても彼らの寿命はいったい何年なんだろうか。

ソース:http://battleofearth.wordpress.com/2010/01/03/galactic-timeline/

alactic Timeline
銀河のタイムライン

by Grant Robb, Exopolitics Australia, February 2, 2009
Published here: Sunday, January 3, 2010 at 5:41 PM

Wes Penreのコメント:私はこのタイムラインとイベントは完全に正確だとは考えていないが、それは「ガイドライン」で基準点として使用するために十分である。

以下の情報は様々なソースから来る。
異なるソースが重なる所で、それらは互いに取り混ぜられる。

紀元前45万年から2023年の間、シュメールの粘土板、楔形文字を読んで翻訳することが出来た惑星上の数少ない人、学者ゼカリア・シッチンからくる情報がある。

全ての研究者が彼の解釈に完全に同意するわけではないが、それは過去数千数百年にとって私たちの太陽系の出来事へのいいスタートをあなたに与えるでしょう。

それが手に入るとして、詳細な情報は加えられる。
大洪水前のイベント

45万年前。
私たちの太陽系の遠くのメンバー、ニビルで、惑星の空気が腐食し生命はゆっくりと絶滅に直面している。
アヌにより証言された、支配者アラルは宇宙船で脱出し地球に避難所を見つける。
彼はニビルの大気を保護するために使用することが出来る金が地球にあることを発見する。

44万5千年前。
アヌの息子エンキが率いる、アヌンナキは地球上の土地、エリドゥを確立 - 地上局1 - ペルシャ湾の海域から金を抽出する。

43万年前。
地球の穏やかな気候。
多くのアヌンナキは地球に到着し、それらの中にエンキの腹違いの姉妹ニンフルサグ、最高医療責任者。

41万6千年前。
金の生産につまずいて、後継者エンリルとともにアヌが地球に到着。
南アフリカで必要不可欠な金を得るため採掘することが決定される。
くじを引いて、エンリルは地球ミッションの司令になる。
エンキはアフリカへ追いやられる。
地球を去ることに、アヌはアラルの孫により疑問を呈される。

40万年前。
南部メソポタミアにおける7つの機能的集落は、宇宙港(シッパル)、ミッションコントロールセンター(ニップール)、冶金センター(シュルパク)が含まれてる。
鉱石はアフリカから船で到着。
洗練された金属は、ニビルから定期的に到着する宇宙船に転送し、その後イギギによって友人探査機で空中に送り出される。

38万年前。
イギギの支持を得て、アラルの孫は地球の支配権を掴もうとする。
エンリル達は昔の神の戦争に勝つ。

30万年前。
アヌンナキは金鉱山の反乱であくせく働く。
エンキとニンフルサグは猿の女性(ネアンデルタール人)の遺伝子操作で原始的労働者を作成する。
彼らはアヌンナキの人力家事を引き継ぐ。
エンリルは鉱山を襲撃、メソポタミアのエディンに原始的労働者を連れてくる。
産む能力を与えられたホモサピエンスは増え始める。

20万年前。
地球上の生命は新しい氷河期の間に退行する。

10万年前。
気候は再び暖かくなる。
アヌンナキ(聖書のネフィリム)は、人の娘と結婚にエンリルの不快感が膨らむ。

7万5千年前。
「地球の罪」 - 新しい氷河期が始まる。
退行する人の種類は地球をうろつく。
クロマニヨン人の男性は生き残る。

4万9千年前。
エンキとニンフルサグはアヌンナキに属する人間をシュルッパクの支配に昇進させる。
エンリルは激怒する。人類の終焉計画。

1万3千年前。
地球の傍をニビルが通過することにより津波のトリガーになることを理解し、エンリルはアヌンナキに差し迫った災難を人類から秘密にしておくことを誓わせる。

大洪水後のイベント。

紀元前1万千年 - エンキは誓いを破り、ジウスドラ/ノアに潜水船の建造を命じる。
大洪水は地球で猛威を振るう。
アヌンナキは軌道上の宇宙船から完全な破壊を目撃する。
エンリルは人類の生き残りに道具と種を与えることに同意する。
農業が高地で始まる。エンキは動物を飼い慣らす。

紀元前1万5百年 - ノアの子孫は3つの地域を割り当てられた。
エンリル有数の息子ニヌルタは、住むのに適したメソポタミアにするため、山にダムを造り川を排水する。
エンキはナイル谷を開墾する。
シナイ半島はポスト洪積の宇宙港のためアヌンナキにより保たれる。
コントロールセンターはモリヤ山(将来のエルサレム)に設立される。

紀元前9780年 - エンキの長子、ラー/マルドゥクはオシリスとセトの間でエジプトを分割支配。

紀元前9330年 - セトはオシリスを捕らえ切り離し、ナイル谷に対する唯一の支配を前提としている。

紀元前8970年 - ホルスは最初のピラミッド戦争を始めることにより、彼の父オシリスに復讐する。
セト(彼のアダムの子孫の妻マルドゥク、Sarpanitと彼らの息子、アサール・オシリスとサツ・セト)はアジアに逃げ、シナイ半島とカナンを掴む。

紀元前8670年 - エンキの子孫によって全宇宙施設の制御の結果とは対照的に、Enlilitesは第二次ピラミッド戦争を開始。

勝利のニヌルタはその機器の大ピラミッドを空にする。
エンキとエンリルの腹違いの姉妹、ニンフルサグは平和会議を召集する。
地球の分割が再確認される。
エジプト支配はトート(ニンギシッダ - エンキとエレキシュガルの息子、でマルドゥクの地球で生まれた腹違いの兄弟)にラー/マルドゥク王朝から移された。
ヘリオポリスは代替ビーコン都市として建設された。

紀元前8500年 - アヌンナキは宇宙施設へのゲートウェイに前哨基地を建設、エリコもその一つ。

紀元前7400年 - 平和の時代が続くと、アヌンナキは人類に新たな進歩を与える。
新石器時代が始まる。半神がエジプトを支配する。

紀元前3800年 - エリドゥとニップールで始まるオルデン都市、アヌンナキが再建したシュメールに都市文明が始まる。
アヌは見せびらかしが多い訪問のため地球に来る。
新都市、ウルク(エレク)は彼の名誉に建設された。
彼はその寺院を彼の最愛の孫娘イナンナ/イシュターのすみかにする。

地球で王権が始まる。

紀元前3760年 - 人類は王権を付与された。
キッシュはニヌルタの庇護の下で最初の首都。
ニップールでカレンダーが始まる。
シュメール(第一地域)で文明は花開く。

紀元前3450年 - シュメールの優位はナンナ(ナンナル)/シンに移った。
マルドゥクは「神の門」バビロンを宣言する。「バベルの塔」事件。
アヌンナキは人類の言葉を混乱させる。
彼のクーデターは失敗して、マルドゥク/ラーはエジプトに戻り、トートを退位させ、イナンナと婚約した彼の弟ドゥムジを捕まえる。
ドゥムジは誤って殺される。マルドゥクは大ピラミッドに生きたまま閉じ込められる。
非常用シャフトによって解放され、彼は亡命する。

紀元前3100年 -メンフィスで最初のエジプトのファラオが任命され混沌の350年が終わる。
文明は第二の地域に来る。

紀元前2900年 シュメールの王権はエレクに移った。
イナンナは第3地域の支配権を与えられた。インダス文明が始まる。

紀元前2650年 - シュメールの王都はあちこちへ移る。
王権は悪化する。エンリルは手に負えない人間の群衆に対して忍耐を失う

紀元前2371年 - イナンナはSharru-Kin(サルゴン)と恋に落ちる。
彼は新しい首都を設立する。アガデ(アッカド)。アッカド帝国が始まる。

紀元前2316年 - 4つの地域を支配しようとして、サルゴンはバビロンから神聖な土を取り除く。
マルドゥク-イナンナの衝突は再び拡大する。
ネルガル(マルドゥクの兄弟)が南アフリカからバビロンまで旅をして、マルドゥクにメソポタミアを出発すると言って聞かせる時それは終わる。

紀元前2291年 - ナラム・シンアッカドの王位に上がる。
好戦的なイナンナによって指示され、彼はシナイ半島に突き進み、エジプトに攻め入る。

紀元前2255年 - イナンナはメソポタミアの権力を横取りする。ナラム・シンはニップールに逆らう。
巨なるアヌンナキはアガデを消し去る。
イナンナは逃げる。シュメールとアッカドはエンリルとニヌルタに忠実な外国の軍隊によって占領される。

紀元前2220年 - シュメール文明はラガシュの懸命な支配者の下で新しい高地まで上がる。
トートはその王グデアがニヌルタのためにジグラット寺院を建設することを援助する。

紀元前2193年 - テラ、アブラハムの父、聖職者・王室の中にニップールで生まれる。

紀元前2180年 - エジプトは分割された。
ラー/マルドゥクの配下は南を抑える。彼に反対するファラオは下エジプト(北)の王座を得る。

紀元前2130年 - エンリルとニヌルタがますます離れていくように、メソポタミアで中央当局もまた悪化する。
エレクのために王権を取り戻そうとするイナンナの試みは続かない。

天下分け目の世紀。


紀元前2123年 - ニップールでアブラハムが生まれる。

紀元前2113年 - エンリルはナンナルにセムの土地を委託する。新帝国の首都ウルを宣言。
ウル・ナンムは王位に上り、ニップールの保護者と呼ばれる。
ニップルの聖職者テラ、アブラハムの父 - その宮廷との連絡係としてウルに来る。

紀元前2096年 - ウル・ナンムは戦死する。
人々は彼の早すぎる死をアヌとエンリルによる裏切りと考える。
テラはハランのため彼の家族とともに出発する。

紀元前2095年 - シュルギはウルの王座に上り、帝国の絆を強める。
帝国が繁栄するように、シュルギはイナンナの魅力に該当する恋人になる。
外人部隊として役立つことと引き換えにラルサはエラム人に助成する。

紀元前2080 - ラー/マルドゥクに忠実なテーベの王子はメントテップ一世の下で北へ迫る。
マルドゥクの息子、ナブーは西アジアで彼の父のため支持者を得る。

紀元前2055年 - ナンナルの命令で、シュルギはカナンの都市に不安を抑えるためエラム人の軍隊を送る。
エラム人はシナイ半島とその宇宙港への出入口に到着。

紀元前2048年 - シュルギが死ぬ。マルドゥクはヒッタイトの土地へ移動する。
アブラハムは騎兵の精鋭部隊とともに、南カナンに命ずる。

紀元前2047年 - アマル・シン(聖書のアムラペル)はウルの王になる。アブラハムはエジプトへ行き、5年を過ごし、多くの軍隊とともに帰ってくる。

紀元前2041年 - イナンナに導かれ、アマル・シン東の王の連合を結成し、カナンとシナイに軍事遠征を開始する。
そのリーダーはエラム人のKhedor-la’omer。
アブラハムは宇宙港へのゲートで進行をブロックする。

紀元前2038年 - シュ・シンは帝国の崩壊としてウルの王座にアマル・シンを置き換える。

紀元前2029年 - イビ・シンはシュ・シンに代わる。マルドゥクのだんだん西地方へ。

紀元前2024年 - 彼の支持者を引率する、シュメールのマルドゥク行進、バビロンで自身を王座につける。
戦いは中央メソポタミアまで広がる。ニップールの聖なる場所は汚される。
エンリルはマルドゥクとナブーに対する処罰を要求。エンキは反対するが、彼の息子ネルガルはエンリルに味方する。
ナブーが宇宙港を掴むために彼のカナン人支持者を組織して、巨なるアヌンナキは核兵器の使用を認める。
ネルガルとニヌルタは宇宙港と誤ったカナンの都市を破壊する。

紀元前2023年 - 風はシュメールに放射能雲を運ぶ。
人々はひどい死に方をし、動物は滅び、水は汚染され、不毛の土地になる。
シュメールとその巨大な文明はうつぶせになっている。
彼がもたらしたその遺産はアブラハムの子孫に渡る - 100歳で - 合法的な相続人:イサク。

シッチンのタイムラインは今のところ終わりです。
新しい情報が手に入り次第追加するつもりです。

心からの感謝を

Grant Robb
グラント・ロブ
スポンサーサイト

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。