FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとも馬鹿馬鹿しい福の汚染水漏れ

ちょっと気になったのでこっちを先に。
Radioactive water leaks at Fuku downright laughable
なんとも馬鹿馬鹿しい福の汚染水漏れ

Jim Stone, August 26 2013
ジムストーン、8月26日2013年

In the latest round of Fuku fear porn, ENE news has Saski yakking about a water leak from a storage tank out at reactor 3. Why is this laughable? Because it's so much worse than that, that talking about a little water with a little dissolved nuclear material is a little bit like saying an axe murderer had a pin fall out of his pocket that someone stepped on after the axe murderer killed half the city.
福の恐怖のポルノの最新ラウンドでは、ENEニュースはSaskiは原子炉3号機における貯水タンク外からの水漏れについて無駄話している。
なぜこれが馬鹿馬鹿しいのか?
それは斧の殺人者が都市の半分を殺した後、斧の殺人者は彼のポケットのピンが抜けていたと言うような少しの溶解核物質と少量の水についての話よりも非常に悪い。

The real axe was reactors 1 and 2 destroyed by Stuxnet, and reactor 3 getting it's guts blown everywhere by a nuke, compliments of Israeli "security" firm Magna BSP. This latest round of Fuku fear is only to hide how grave the situation really is, where the initial inspection of the impossible scenario lead to the immediate deaths of three fukushima workers, followed by Japan figuring out that Fuku had to be cleaned up via remote control and robots because reactor 3 was absolutely lethal to approach from outside, let alone what was left of the containment from the inside.
本当の斧はスタックスネットにより破壊された原子炉1と2号機と、核により至る所に吹き飛ばされた原子炉3号機のガッツ、イスラエルの「セキュリティ」会社マグナBSPの挨拶。
この福恐怖の最終ラウンドは唯一不可能なシナリオの最初の検査は福島作業員の3人の即時の死亡につながる重大な状況が実際にあることを隠す。
原子炉3号機は内側から格納容器に残っていたものはおろか、外部からのアプローチには絶対致死だったので、日本が福は遠隔操作とロボットを介してクリーンアップしなければならなかったこと考え出すことを続けた。

So the big question is, since so much worse than a little water spill has already happened, WHY is ENE news spouting off about a little water when the real deal is solid fuel laying out in the open?
だから大きな問題は、これほどすくない水の流出よりも遥かに悪化し既に起こっている、なぜENEニュースが実際に論じるのはオープンで用意している固体燃料の時小さい水についてはなれて噴出しているのですか?

Granted, they took care of most, if not all of it. The cleanup process involved having a remote control street sweeper get what it could off the ground from around reactor 3, while having a remote controlled loader pick up the big pieces. After that, remote control fire trucks were brought in with boom hoses that could reach the tops of the containments, and from these hoses they sprayed a thick borated water solution that would stick to anything it touched and dry like glue, to coat everything with boron to knock the radiation down enough for people to enter the scene. This was all covered in the original Fukushima report, if you missed that I suggest you spend some time and read it in full.
その全てとまではいかないが、彼らが最も引き受けたことを認めます。
クリーンアッププロセスは遠隔操作ローダーが大きな部分をピックアップしている間、原子炉3号機の周りの地面からできた遠隔操作街路掃除人に関与する。
その後、遠隔操作の消防自動車は格納容器のトップに到達し、これらのホースからそれらが濃いホウ酸水溶液(放射線を下げて十分な人々が現場に入るためにはホウ素をぶつけるすべてのものへ塗るため、それは接着剤のように何でも乾燥したものに触れるとくっついただろう)を噴霧することができたブームホースで持ち込まれた。
これはオリジナルの福島レポートですべてカバーされていた、あなたが見逃していたなら多少の時間を費やして完全なそれを読むことをオススメする。

If people are not informed about what really happened at Fukushima, Israel and other tyrannies will be wide open to committing repeat attacks of a similar nature. The train crash in Spain was no doubt another Stuxnet style virus attack on an automated system, and I have no doubt the other train accidents are exactly the same thing now. Remember, prior to Stuxnet and it's variants, trains were so well controlled in the developed world that aside from derailments or collisions with automobiles and semi's which will happen no matter what, train accidents were extremely rare from about 1985 to 2005. Collisions between trains or derailments due to over speed were unheard of for over 20 years. WHY SO MANY NOW?
人々は福島で本当は何が起きたのか知らされていないとしたら、イスラエルと他の暴政は似通った性質の繰り返し攻撃を行うことにゆだねています。
スペインでの列車事故は、自動化されたシステムへのもう一つのスタックスネット型のウイルス攻撃の疑いがあった、そして私には他の列車事故が全く同じであるという疑いがあります。
列車事故はおよそ1985年から2005年までは極めて稀だったが、関係なく起こる自動車やトレーラー(?)の脱線や衝突のほかに先進国では列車はとてもよく制御されていた(事前のスタックスネットとそのバリアント(変形))ことを忘れるな。
速度超過による脱線や列車間の衝突は20年以上も聞かなかった。
なぜ今これほど多いのか?
スポンサーサイト

テーマ : 原子力問題
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。