FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学論文#1 多元宇宙の積み木、ユニムを探検する

ソース:http://wespenre.com/exploring-the-unum.htm

Science Paper #1: Exploring the Unum, the Building Blocks of the Multiverse
by Wes Penre, Wednesday, February 16, 2011 @ 11:50 AM
(http://wespenre.com)

1. ENS (Extension Neurosensing) - A New, Advanced Form of Remote Viewing/ENS (エクステンションニューロセンシング) - 遠隔透視の新しい、進行形。

数千年の間、宇宙には何が「そこに」あるのか、何が「そこまで」あるのか人類は疑問を抱いていました。
ちょうど私達と同じように古代の祖先は同じ事をしました。
彼らは太陽、月、星、広大な宇宙を見て何が目的なのか?と疑問に思いました。
実際には、古代人はおそらく現代の平均的な人(この一連の論文を終えた後、読者には明らかになるでしょう)よりはこのことについて詳しく知っていたが、どのようにして宇宙が構築されたか、それがどのように始まったのか(ただし神話を通して)、そして私たちが「アバター」を通して自らを「外側」から見る機会があるならば、それはどのように見えるか、彼らはまだ正確には知りませんでした。
※アバター
1)魂の一部、また形而上学では「ライトボディ」と呼ばれる。
これは他の人が私たちを見ることができるので、私たちが『自分自身のモックアップを作る』来世で私たちが使うエーテルボディです。来世で、私たちは通常自分自身のモックアップのように生きていた時のように見えた。
2)彼らが『シェイプシフト』する時ときどき私たちに地球外生命体それはライトボディ。
精神の形(いわゆるOntoenergetics)で空間と時間を旅する、侵入者としてここに来ている地球外生物は通常人間として溶けこむ自分自身のモックアップを作っているが、レプティリアン、グレイ、ドラゴンまたは彼らが望むどんなものとしてでも自分自身を見せることができます。
※Ontoenergetics
非物理的な存在


息を呑むような真実は、リモート・ビューイング(RV#)の高度なフォーム、エクステンションニューロセンシング(ENS#)のおかげで今私たちがこれを行うことができるということです。

RVは目新しいものではありません。それは何十年も軍や政府によって使用されています。民間人さえそれを使用しています。
この分野で最もよく知られているサイエントロジー教会のメンバーは、インゴ・スワン[1]、ハロルドパソフ[2]、エドダム[3]など、或いはサイエントロジストも同様でした。
私自身、1980年代後半[4]の教会のメンバーでした。それはリモートビューイングと公式に呼ばれなかったものの、RVは様々な成功を納めてサイエントロジー内で使用されたことの私は目撃者です。それは「具象化」と呼ばれていました。軍は教会で使われている技術を手に入れさらに別のレベルにそれをもたらしました。

しかしながら、そのようなすべての研究を除いて、カリフォルニアの生命物理学グループ[5](LPG-C#)は、独立して軍隊、宗教、政府機関とのどんな繋がりも主張せずに、RVに全く新しい意味を与えました。
この新しい科学を実践していることから、次元を通じて最も低い副量子レベルに至るまで、以前に行われたことがない方法で宇宙をマッピングした、そして今でも4次元空間/時間の外に存在している何かに気がついています。
この情報の一部が、チャネリングまたは別の方法で、ヒューマンインストゥルメント(人間という装置)/乗り物/体と関係のある形而上学的実体を介して提供されているので、私はこれがとても魅力的であるとわかります。
今や、現代科学の先駆者は同じ事を発見し、私たちに多元的宇宙と顕現の様々なレベル(LOMs#)をより総体的な図で与えるためその上に拡大しています。
#LPG-C(Life Physics Group California) http://lifephysicsgroup.org/
これは、副量子物理学と地球上の人命に対するETの影響をさらに勉強するため、1990年代後期に形成されたLPG-C、ならず者科学者のグループです。
現在、彼らは少なくとも118の異なるエイリアン種と関連しています。それらの一部と毎年恒例のミーティングをしている。それぞれの惑星上と惑星からそれて。
多元的宇宙を研究することによって、主に高度なリモートビューイング(ENS)を通じて、彼らは非常に正確にマッピングすることができました。
「Unum(ユニム)」として知られるようになった「ワーキングモデル」、多元的宇宙の探検で、彼らはまた異なるET種の助けを受けていました。
現在LPG-Cは、ここ地球上で正しいほうに舵を取り、地球と私達自身の人体(これはアヌンナキによって遺伝的に改ざんされ、結果としてホモサピエンスになった)の人間の主権を主張する試みで、アヌンナキの派閥(古い古来のET「神々」)とともに働いています。
伝えられるところでは、私たちはアヌンナキの遺伝子を持っています。


最初の段落では、私は簡単にするための用語「外側」を使います、しかしそこには「内側」も「外側」もありません。
実際には、LPG-Cの科学者は科学的に多元的宇宙(これは思考に由来する、無数の連続と並行の現実)のすべてのものは接続されていることをなんとか証明することができました。
したがって、私たちは同時に異なる場所にある(いる)ことができます、その一方で私たちが現在の体(可能ならば、私たちのホームステーション)として認めるもの、にまだじっとしていました。
基本的に、地球と、さらには他の、異なった惑星で、異なる期間、同時に、互いに独立して、私たちはさまざまな人生を生きています。
彼らの研究はまた、私たちはRNA/DNAの構成のレプリカを作成することが可能であり、同時に時間内の別の場所、私達は出発したところに残り、例えば私達の家に「それをテレポート」することができると示しました。
これは後述するつもりとして、それほど遠くない未来、宇宙を旅するようになった時に非常に役立つことでしょう。
サイエンス・フィクションのように聞こえますか?
それは確かではありません、しかしLPG-Cは長年このことについて知っていただけではありません。つい最近2011年1月31日に「TechWorld」がノーベル賞ノミネート候補者リュック・モンタニエ博士に関する記事を掲載し、彼と彼の科学者チームがDNAがある場所から別の場所にテレポートする方法を首尾よく発見しました。
トランスポートだけでなくまた、2つの場所で同時に同じDNAのモックアップが存在していたよう自身のレプリカも作られました。
これは人間科学のための大きな突破口であり、発見はまた、私が言っている多くのエイリアン種族は空間と時間を旅するためにこの手法を使用することを検証します。私たちが後の論文で何事か論じるでしょう。

私たちは素晴らしい時代に生きています。多くのことはとても早く起きています。
私たちは技術的にだけでなくまた個人的、精神的なレベルで進歩してきました。
私たちは人間としてすぐにもっと認識するようになってきました。
科学と精神は長い年月で初めて合流し始めています。人々の心の中で、彼らは2つの別々のものでした。
しかし今、より多くの人々はすべてが副量子(亜原子)レベルで接続されていると理解し始めます。
私はあなた、あなたは私、地球は私たち、そして宇宙全体です。
私たちはすべて一つです。
科学が精神を認め2つが「常識」になる程度まで統合されてやっと初めて、私たちは将来に量子跳躍を本当に利用できます。
これは不可能な目標のように聞こえますしかしそれは達成できます。

一言で言えば、ENSは(その周囲の複雑な科学的専門用語に入ることなく)次のように動作します。彼の活力のしきい値を監視している間、人間はこの手法を適用して共鳴誘導石棺でリラックスして横たわります。
フォトニックボディ(アバター)は誘導され、先進技術と人自身の精神的な能力を通じて、彼は彼が望むどこにでも神経学的に「彼自身を拡張する」ことが可能です。物理的な宇宙の端に、傍らまで、あるいは越えて!したがって、物理学グループは、これまでできなかった方法で自然や宇宙を探索する知覚の扉を開くことができた、または可能性として認識されています。
アルバート・アインシュタインとデビッドボームのような科学者の研究を拡大することで、彼らはこの技術から驚くべき結果を得ることを成し遂げました。

それは、わかりやすい創発的な画像の中へ彼らのENS体験をデコード(復号する)して解読することができたポイントに触れる簡単な作業ではありませんでした。
今、彼らはちょうどそれをなんとかすることができました、そしてそれは彼らが「ワーキングモデル」と呼ぶものになっています。
彼らにとって、それは失敗と成功のジェットコースター、激務だったが、私たちのために、今ではワーキングモデルを提示、それは多元宇宙や、彼らがそれを呼ぶようにユニムを通してエキサイティングな旅のようです。
私にそれがもたらされたき、それは確かに私を興奮させた、そして私はあなたもそうだと確信しています。

機械が何をするか特定の仕事をするように設計されていたので、この手法が動作するように技術と機械が単に依存していたならば、私はあまり興奮しなかったでしょう。
それは設計されているもの以外何もしない、したがって、その用途が限定されていると誤解さえ招く可能性があります。
しかしこの場合、テクノロジーはプロセスを開始するためだけに用いられます。仕事をするのは人間です。
それは、これから見るだろう魅惑的なことにほかならない。

ENSについて頭に浮かぶ最初のコメントは、人間が彼/彼女自身を拡張して、体験する物事を開始した場合、それはとても主観的な体験で必ずしも信頼性のあるものではないということです。
なぜならLPG-C#のボルドン博士は、彼らが多元宇宙の旅で「感じ取る」や「見る」ことを人間の心でデコードすることははるかに難しいです、と言った。私たちはまだそれを行うように設定されていない。
そういうわけで、彼らは複数のニューロセンサーを持っています。
すべてのニューロセンサーが同じ探検に行ったとき、彼らは他人に内緒で経験を書き留め、その後、彼らはその後情報を比較します。
明らかにほとんどの時間、彼らの経験はたまにではなく非常によく一致している。
しかしこれは彼らの研究が前進する方法であり、最終的に彼らはそれにいくつかの構造を構築することができます。

私は、彼らが次のことに注意しなければならないと察するでしょう、それでも、異なる人々が探検するために使用した後も、すべて同じように物事をデコードする場合であっても、それは100%信頼できるものではありません。
人間の心が何かをデコードすると同じように彼らはそれをデコードするそれは全く理解できない、人類全てにとって同様の可能性がありまだ正確ではありません。
また、しばらくしてニューロセンサーはお互いを知り、お互いの解釈を開始し、その結果に色を付けます。特に科学グループ自体がメンバーの小さな派閥として構成される。
これにもかかわらず(そして再び、私はフィールドで素人を名乗ることさえ出来ません)私は少なくともワーキングモデルの大部分が機能していることを信じています。
ボルドン博士はまた、他の人たちから多くを学ぶことに興味を示していながら、このモデルは、いくつかのエイリアン種によって確認されていることを私に告げた。
彼が言うように、それは私たち人間が実際に宇宙のコミュニティへ貢献し、周りだけでなく、何か他の方法を持っていることを示しているため、ボルドン博士は、そのことについて興奮しています。
もしそうなら、私は同意し、興奮しなければならない、とはいえ私たちは、私達がずっと後で別の論文で見るように、LPG-Cが認識しているより宇宙社会により貢献すると共に認識しています。
それは「リビングライブラリー」と呼ばれています。
また、ENSとワーキングモデルの原理の一部は、地球外生物により提示されたということが私の理解です。

私が「科学論文の紹介」で述べたように、科学と宗教は併合する必要があります。
LPG-Cはこれをよく知っており、それは彼らがワーキングモデルで何をやっているのかが正確になります。
これは、方程式に高次の意識の存在を含めているだけではなく、科学であるが、その存在に基づいている。
これは当初、私が彼らの仕事にとても興味を持った理由で、しかし一旦彼らの資料を探求するとより多くのことがそこにはずっとあったことがわかり、そして私はまだ素人レベルでさえ、それについて山ほど学ばなければなりません。

LPG-Cが彼らの方程式に「神」や「ソース」、「すべてのそれ」「プライムクリエーター」(同じものの多くの名前)が含まれていなかったなら、私もこの論文をわざわざ書こうしなかったでしょう。
長い年月の中で初めて、代わりの、輝かしい者科学者のグループは、彼らがひとつと同じであることを実現し、物質と精神の組み合わせとして科学を見ても構わないと思ってきました。

それは現実をデコードする良い仕事行なっているさらにいくつかの代わりの科学グループがいることにも言及されるべきであるが、今回は私たちのカリフォルニアのグループに集中することにしました。
つい最近、ならず者科学者のスティーブン・J・スミスは、彼が熱中していたもののため、たぶん殺されたでしょう。(彼は私と散発的に接触して、数年前から死が間近にある、危険にさらされていることを知っている。彼は私に実際そんなことを言った。)(http://battleofearth.wordpress.com/2010/11/14/rogue-scientist-steven-j-smith-murdered/)

主流の科学界や政府にあることは誰も有力筋ではない、これらの代わりの科学者たちが思い付く新しい模範を介して興奮している。

ユニム/多次元宇宙は刻々と変化している。流動的多元宇宙で、すべてのものが運動し、永遠に固体も何も残らない場所で、今日真実であることは明日真実ではないかもしれない。


2. The Idiomaterial Multiverse/特殊な要素の多元宇宙

人々がうまくいけば理解できるように、LPG-Cワーキングモデルを簡略化するために私の最善を尽くしている。
私たちが新しい概念を扱っている時、私たちは時々言葉を欠いてそれを書面で表現する方法を知ることは困難ですので、私は結果が完璧でないことを知っています。
それはすべて彼らのウェブサイト上の偉大な詳細(http://lifephysicsgroup.org)で説明されたが、その科学的な言語は素人に理解することは不可能です。医師の学位を持つものでさえ。

ところが、ウィスコンシン州ミルウォーキー大学でクルトStrzyzewski、BAは、普通の人にとって非常に分かりやすい、ある小論文を作り、科学の背後にあるワーキングモデルのすべての絞り込む素晴らしい仕事をしたが、それでもまだかなり複雑です。
私は主に自身の科学論文のためのベースとしてStrzyzewskiの概要を使って、より言語を簡素化するために最善を尽くしています。
読者は私が成功するかどうか判断するかもしれないので、さあ始めるよ。

LPG-Cは多元宇宙を知っている人のための単語ユニムを使う、これは私たちが将来的には一般的に多元宇宙のために使用する用語かもしれません。

創造のすべては特殊な要素[非物理的で物理的]思考/問題、人生は機能亢進によって組織され、宇宙はセブンスーパードメイン[10]の一つです。

LPG-CのA.R.ボルドン博士による上記の引用はわずか一つの文章でワーキングモデルを記述しています。
もし読者がその後、元の論文上で詳細に調べたいなら(これは私からのアドバイスですが、次のサブセクションで参照するためのエンドノートをお読みください。しかし、これは高度に科学的な主題で非常に複雑ですので、そうでなければ、私はあなたにより良い理解のため、この剥がされたバージョンを最初に読むことを強く薦めます)。

ワーキングモデルはユニムがナチュラル、それ自体にリビングシステムと私たちが既知の4次元宇宙(縦、横、高さ、奥行きと時間)が含まれているが、それ以上にはるかに多いことを私たちに告げています。
ニューロセンサーは彼/彼女の外で探索している時、彼らは物理的宇宙を越えて拡大することができて、何か起こっていることに干渉することなく、そこで何かを経験することができます。
物理的な領域の向こうに、量子と副量子、真空と空間からなる「究極の因果関係」の領域のように分類できる6つの他のドメインがあります。
ワーキングモデルではこれら7つのドメインは、ウランティア論文のような文章におけるセブンスーパーユニバースと混同しないように、揃ってセブンスーパードメインと呼ばれています。
スーパードメインの支配的な特性が与える形式であるため、特殊な要素の多元宇宙という用語が誕生した。
そして、私たちは心/身体である存在、私達自身が特殊な要素である。
思考が問題を作成し、問題を伝える方法がないと離れて思っていた。

特殊な要素の生命物理学は、科学を通じて人生の基礎を記述することを目標としているだけではなく、そうするためにエンコードされたあらゆるボディ/マインド/スピリットのためのガイドでもある。多元宇宙の目的を探求し、その無限の可能性を経験し、私たちが全て接続されているという理解に至る。
これは、このような思考形式を含む情報にアクセスできるすべてのボディ/マインド/スピリット複合体のためにある。
この思考形態、私たちはバイオカインド(生物学的実体)とバイオマインド(マインド/スピリットを含む生物学的実体)として、生命物理学では思考境界の省略である、「T境界」と呼ばれる何かを介してアクセスされます。
これは、上記を達成するための目的を提供してくれる、独自のスーパードメインです。
ユニム内のすべての生命体は自然の中で物理的でないことを、私は付け加えなければなりません。
体を持たない人、または異なる次元にアクセスすることによりそれらに沿って行くとそれらを作成することができる、そしてこれらのエンティティ(実体)は、もちろん上記のエンコーディングの一部である。

さて、赤ちゃんが地球上に生まれるときに何が起こるか説明から私たちは始めましょう

発生した最初のものの一つは、私たちは脳皮質に経験の感覚を入力すると「地球モデル」の理解が自然になります。
このセットアップモデルは、異なる4-空間/時間場所やオブジェクトの間で区別できることが可能になり、そして私たちはより簡単に短時間のスパンでより簡単に私達の地球の現実を把握することができる。
私たちの現実を把握する能力は、思考を処理する(これらは地球の現実としてホログラム経験で明らかにされている)、私たちが今所有権とオブザーバーシップを主張している能力に基づいている。
おそらく私たちは、新しいコンピューターに差し込み開始することで初めてそれを比較できる。
一度それが立ち上げられると、ファイルがインデックス化されインストールとブラウザする必要があり、必要なソフトウェアもインストールする必要があり、そして私たちがコンピュータの世界に入る前に、特定のダウンロードが行われなければならない。
しかしながら、一度これが行われると、私たちが呼ぶインターネット(私たちのメタファーにおける地球)、グローバルネットワーク内でコンピュータを持っている他のみんなと接続されている。

しかし、私たちがまだ上記のメタファーを用いるなら、この地球上にインデックスされていない人は、地球のインデックスと正確に対応していない、思考とホログラフィックのレベルで、別の「ソフトウェア」とプログラムがインストールされています。そしてこの惑星で彼女/彼がインデックスが付けられたかのような思考プロセスは同じではないかもしれない。
したがって、多元宇宙ので現実は非常に主観的であり、常に変更されることがあります。


3. Seven Levels of Manifestation (LOMs) /顕現の7レベル

私たちはユニム/多元宇宙を通してグランドツアーを取る前に、クルトStrzyzewskiは私たちを始めさせるようになる

2001年ユニムの探査はエクステンション・ニューロセンシング(ENS)技術を使用することにより、LPGで始まった。
ヒューマンバイオマインドがデータと情報を収集し腸脳内に保管、その後正しくデコードされ感覚的に分かりやすい情報に解読することがこの技術により可能になります。
A.R.ボルドン博士が率いるセブン・エクステンション・ニューローセンサーのチームは、理解と創発的な絵にデコーディングと情報を解読する、骨の折れる検出タスクを始めた。ワーキングモデル。
それは、人間の生きているマトリックスがそれ「のチューニング」のための理想的な候補を作られた早い段階で実現し、そして直接ユニム構造の中でターゲットを絞った自然のプロセスのあらゆる側面にアクセスしました。
ユニムのメモリ内の情報が直接アクセスされたこの検出処理は、正確なワーキングモデルの中へすべてのアクセスされたデータや情報を翻訳するのに面倒な作業よりもはるかに簡単であることが証明された。
したがって、やみくもに情報を収集することだけでなく、すべての収集された情報に意味を割り当てるには知的な、重要で分析的推論を使用する必要が出てきた...

Strzyzewskiが言うには、多元宇宙は、長い間形而上学で教えられている何か、インテリジェント自体で、副量子レベルでシームレスかつ完全に接続されている。
しかし、より簡単にカタログやユニムを概念化する、LPG-Cは数学と「概念のレベル」(LOM)のgnosive(心対心コミュニケーション)概念を開発しました。これは解明のトップでの意味合いから、下向きのオーダーで動作する。
これは全てのLOMが共存し、全体を形成するため、あらゆるレベルで相互に作用する、表面上は無限の範囲に自然に変わります。

LOMは以下の様なイラストて非常に単純化した形で示すことができます

LOMS020411.jpg


これをあまりにも科学的ではない、簡単に説明するには容易くないが、私の意見では非常に必要性です。
多元宇宙の見方はすぐに受け入れられるかもしれないので、1レベルまたは別[17]のそれに慣れるために必要があります。
しかし、アインシュタインの相対性理論は20世紀全体の物の見方になり、学校で教えられたが、それは私たちが関与するすべての抽象的な数学を含めて、それが最高の科学レベルでどのように動作するかを学んだという意味ではありません、しかし私たちのほとんどは理解できた風でいます。
物理学の研究を継続したい人々は遅かれ早かれこの複雑な数学の世界に通じますが、それは自ら進んでです。
私たちの残りの部分は基本を理解しているに過ぎない。

その最も単純な感覚で、それは明記できる時間/空間の比率です、その中であらゆる可能性の特殊な要素(スピリット/マテリアル)顕現が起こる。
私たちは、多元宇宙全体の最も小さい細胞や原子、できるだけ小さい顕現について話している。
すべては知的で無限の可能性があります。

興味深いことに、ニューロセンサーはLOMに与えられたいかなる4空間/時間(図2を参照)の「外側に」入る時、物事はかなり挑戦的です。
各LOMは、顕現のすべてのレベルで可能なすべての結果の確率を保持するために示しています、そして私たちは文字通りの歴史を形成する話をしている。時間/空間比として各LOMは5つの 無限を含むタイムラインが含まれています。
1 Past time-like/過去の時間のような
2 Future time-like/未来の時間のような
3 Space-like/空間のような
4 Past null/過去の空白
5 Future null infinities/未来の空白は無限大

継続的な研究は、ユニムの一般的な超関数を理解するためにすべての7つのLOMsの境界について詳細を学ぶことが不可欠であることが示された。
ワーキングモデルは何かをスーパードメインとして指します。


4. The 7 Superdomains/セブンスーパードメイン

ユニムは7つのスーパードメインからなり、形と物質での説明において明らかにするためLOMsとスーパードメインを通して「下向き」に移動する、これは上に思考の含意を表す用語、T境界(思考境界)内から形成された。
T境界はユニムのたまご型の周りにぼやけた「シールド」として描写することができます。
それぞれのスーパドメインは空間と時間の比率を持ちます、そして現在私たちの想像力を広げなければいけません

さまざまなスーパードメインはあなたが置かれている何処や何時に応じて異なる比率を持っている。
実際には、7つのスーパードメインそれぞれは完全に相互接続されているが、同時にそれ自体とのユニークなスーパードメインとして働く。
単純な用語でこれを説明しようとする試みにおいて、多元宇宙における他のすべてと互いに接続されている人間は私たちが何時や何処にあるかに応じて、私たちは一つであるように並行して別の人間として自分自身を体験する、私たちに比較することができる。

T-Boundary[2]

図3-卵型メタ構造のようにユニムスーパードメインの構成は、8次元連続体スーパードメインの2次元画像としてここに提示(クリックすると拡大します)



図3に示すようにユニムは、ドメインを分離してぼやけた境界と層状メタ構造、玉ねぎのような卵形(卵状)の格好をしている。
ユニム全体は、超連続としてまとめられるエネルギー論の無限のプレナム(物質を含む空間の組み合わせ)です。
エネルギーと無限の可能性として物質で明らかにする、それぞれ特異性やユニゾン、相互接続性自体が働く感情(同様にエネルギーの形である)と意志を介してすることができると考えた。
高密度エネルギーはそれを明らかにするためにより働く。
ここ地球上で私たちが高密度な現実いながら、特定のレベルではあなたは自分の考え(感情や意志のみ)で望むものを作る、私たちはしばしば物理的な物事を明らかにするための追加手順を実行する必要があります。

ユニムがどのように動作するか理解するために、私たちは一つ一つ、そこには何があって機能は何なのか、7スーパードメインのそれぞれのツアーに参加する必要があります。
これは特定の地球外存在からの助けとENSを介して行われます、そして以下は関係する科学者によってなされる結論です。
これらの経験は大抵、互いに非常に首尾一貫性のあることを示し、そして6~7人が同じ、または似たようなことを知覚し経験した場合、しばらくして証拠はかなり具体的だと見なされるでしょう。

4.1 The Prime-Causal Superdomain/主要な原因と成るスーパードメイン

このスーパードメインはユニム(図3)の外殻でありその機能は、その他の2つの付加機能と思考の創造物である。

・思想-マトリックスの顕現
・因果連鎖を下向きに変換

思考境界(T境界)の情報はこのように、次の順序(それらの各々は、同様の順序で別々に検索されます)の次の5「低級」スーパードメインに等しく適用される下向きの階層式効果を通じて送信される。

・Thought/思考(B)
・Unisonic/ユニソニック(単一の音性?)(C)
・Logomorphic/ロゴモーフィック(言語思考形態?)(D)
・Syntonicdiffusive/同調的拡散性(E)
・Templaic(F)※訳がわかりませんでした。

図4(下)思考マトリックスは発端の時点と結果と思考の本質でどのように見えるかを示し、それは一度に生産している。
効果は瞬間的であり、次の二つのサブセクションで詳細に説明する。

ThoughtMatrix020511.jpg

図4のA,B,とC-発端のポイントでの思考マトリックスと「下の」2つの次のスーパードメインでの結果。


4.2 Thought Superdomain/思考スーパードメイン

思考エッセンスと思考マトリックスが同時に並行になる創造的な衝撃に、主要な因果と思考スーパードメインは同時に働きます。
思考スーパードメインの2つの主要な機能は以下の通りです。

・思考の正確な「フォト」を撮る
・思考に関連した音を記録する

このスーパードメインも主要な因果や4-空間/時間スーパードメインから始まる、「創造的な衝撃」にその機能として投じなければなりません。
この創造的な衝撃の投資は、区別できる首尾一貫した「全体」を作る品質があり、それは概念として理解することができます。
より単純な語では、思考が4-空間/時間(例えばそこで処理される)まで送られて、処理されるために上に送り返されることを意味します。
一度、独創的な考えの正確な「フォト」が撮られるなら、第二の主要な機能は自動的に跳ね返る。
そして思考は瞬時にロゴモーフィック(モーフィックの意味は「外観」や「かっこう」)と同調的拡散性(syntonic=同じ、や特定の周波数に同調された)スーパードメインの先へ移動する。

上記の図4-Bは、思考ドメインの開放フィールドが主要な因果と思考スーパードメインを通る線として見ることができるという思考の本質のマーキング以外は大きな特徴をもつ平面としてどのように表示されるか示しています。
一般にこのプロセスは、コンピューターハードディスクに例えることができ、ディスク上にファイルを記録します。

それで要約すると、私たちが見ることができるようにスーパードメインは下向きの方法で働くだけでなく思考で、それはドメインを介して処理されているとして、その最も低いスーパードメイン(4-空間/時間)で現れている、そして明らかに作用し処理された後、再びドメインにバックアップ送信される。
それゆえに、一つの思考は最終的には経験となり、そしてこの経験は共有の一部である、そして情報(4-空間/時間だけでなく、7スーパードメインのいずれかに)を受け取るため十分に進化した任意の実体にアクセスできる。
形而上学的にここで話す、私は可能性がある場合、それは同じ周波数や以上、思考を受け取り解釈することができなければならないことを意味する。

このスーパードメインのもう一つの重要な役割は、究極の「バックアップ」領域として機能することです。
これまで考えられてきたすべての思考とこれまでとられた一挙手一投足は、超巨大なアカシックレコードのような、ここに格納されます。
4次元宇宙が死んだ後、永久保存されたユニムの物語がここにあります、そして彼らが十分に進化しているならばユニム(または潜在的に他の場所に)で生きている誰でもこの究極の「図書館」にアクセスします。
私たちはそれを知ることなく毎日それを使っています、しかし進化して、意識的にそれにアクセスすることができて、それ[19]を訪問することができます。
それから、下の方法では、各々の惑星体はそれ自身の「アカシックレコード」を持ちます、それは惑星体の範囲内でなされる思考と行動を含みます。
そのことついては後で詳しく。

4.3 Unisonic Superdomain/ユニソニック・スーパードメイン

このスーパードメインは明らかにニューロセンサーにより解読することが最も難しいとされてきたものです。
その主要な機能は「ディスク」(思考/サウンドシグネチャーコンプレックス)に関する情報をもたらし、4-空間/時間オブジェクトやフォーム、改良が必要なことになるためその途中で前方に推進(または下へ)することです。
ほとんど「最終製品」を取得する過程で次のステップに進める前に、ディスクの内容の品質を調整するように。

上の図4-Cでは、スーパードメインの他のすべての音の壁と相互接続する握手のような効果で、新しく到来する思考エッセンスがどのように接合(赤)するか私たちは示します。

サイドノートとして、大変興味深いことにすでに思春期の若者の時、私は宇宙は最も純粋な形の音楽でありそれが周波数によって保たれていたということを直感的に「知っていました」。
宇宙と大銀河、星、惑星の絵を見た時、それぞれの天体が自身の楽器を演奏していて、自身の音を持ち、全銀河が演じるより大きいシンフォニーに貢献したことを私の頭のなかで聞くことができました。
他の銀河は他のシンフォニーを演奏し、全体の宇宙はすべてが神の複雑な一部、しかしとても簡単なミュージカルシートで、その役割を果たしているひとつの大きなスーパー・シンフォニーであることを想像する事ができます。

多くがそこにあるが、私が高解像度の写真を見ているだけでこのような現象を経験から得た感覚は、それよりも一層圧倒的でした。
私はまた音楽は普遍的であることに気がつき、私が行なっているように自身の音楽を作成することができる人達は、基本的には銀河のシンフォニー(自己と他者、自己の感情的な経験/インパクトを持っていることを目的とし、そこからユニークで個人的何かを作成する)からこまごましたものを「ダウンロードしている」、その後無限の可能性として、天の川の既存の巨大な全体的シンフォニーと宇宙に、このマイナーな構成を追加して、これによりいくつかの注意とスーパーシンフォニーを変更する。というより、それに追加する。
私たちはどのくらい「調和」に依存し、どれくらい成功しているか、そして私たちは多元宇宙である。
したがって、私たちは「デスメタル」の低周波音楽作曲と、モーツァルト、ベートーヴェン、バッハなどのクラシックの作曲家を比較することができます。
調和的多元宇宙と最も調和しているのはその人、神/ソースとより調和しているのは二人のうち誰ですか?

ただ体/心/精神複合体(バイオマインド)であることにより、私たち一人一人は絶えず(しかしほとんど無意識に)彼/彼女自身の楽曲を演奏していると私も理解しました。
私たちがこれを認識することができるならば、私たちが絶えず私たちの環境のために「演奏」しているユニークな「歌」から単にお互いを認識することができます。
この「歌」は私達の周波数に応じて絶え間なく変化している。それも日々、刻々と、分刻みで変化している。私たち一人一人は1つの周波数だけではなく、しかし異なる周波数の調和の中に存在しています。
よりバランスがとれた私たちは、より進化しより多くの「美しい」ハーモニクスは、私たちの周りのマルチバースにより感知されて私たちは発する、そして私たちの環境の人々により「快適」と認識されています。

その結果として、より調和とバランスで特定の銀河の住民は全体として、より調和的で楽しい銀河の全体的なシンフォニーです。
だから潜在的に、多次元であることを意識し、私たちは同時に空間/時間と時間/空間の多くの場所に存在することを体験することができるという意識になることによって、私たちはそれに入る前に特定の銀河を「感じる」こともできます。
特定の銀河によって演奏されるシンフォニーはどれくらい調和的で楽しいですか?
それほど楽しい?
さて、入るならば、シンフォニーが私たちのセンサーにとってより快適として感知されたならば、私はより油断がないでしょう。
同じことは特に地球を感じるために外に行くだろう。
もちろんこの思考の一種は、多元宇宙ができて多知覚に感知されるべきである時、ひとつの知覚のみ(可聴周波数)に限らるが、しかし本来考えは魅力的で気が遠くなるようです。


4.4 Logomorphic and Syntonic-Diffusive Superdomains/ロゴモーフィックと同調性・拡散性スーパードメイン

ロゴモーフィック・スーパードメインは4-空間/時間に入るための準備、思考になる時、その機能として「操作のルール」と「顕現のルール」をインストールしています。
同調性・拡散性スーパードメインは、前者スーパードメインのT境界(前述のように同じ「下向き」の仕方で)から創造的な衝撃に積極的に支援しています。
その主なタスクは機能性のメンテナンスでです。スーパードメイン下に彼らの方法で思考を安定して保つこと。
それは議会のライブラリや類似の性質を登録して比較することができる「インデックス機能」を持っています。

しかし、おそらく拡散性・同調性スーパードメインも別の異なる機能(家畜に商標を付けることに例えられる)があります。
それはどこから来たのか、そして一旦その機能(s)が意図された行き先で成し遂げられたなら、戻るために必要なことを知っている「ホーミング」機能を確立しました。

SyntonicDiffusiveSuperdomai.jpg
図5-同調性・拡散性スーパードメインでのニューロセンサーのホロノミック経験の偽色の写し。

図5を見るとわかるように、さらに下のスーパードメインはより思考の動き、形状や形式として現れます。
賢い人工的な構造は現在ニューロセンサーに見えます。
また、既にtemplaic仕様に準拠している下向きの原因となる変換が見えます。


4.5 Templaic/Quantum Potential Superdomain/Templaic・潜在的な量子スーパードメイン

4-空間/時間とTemplaicスーパードメイン間の現象や、現在、副量子または真空と呼ばれるものが生命物理学の多くにあります。
彼らが自分自身を認識する4-空間/時間に入る前、すべての創造的な衝撃が形になるのはここです。

どんな役割や立体構造機能のすべてのクオンタム量子、それらがすべての4-空間/時間のルールを知っていて、4-空間/時間の全てのポイントにアクセスできるかもしれない。

HumanCOBETemplaicQuantum020.jpg
図6-Templaic/潜在的量子スーパードメインにおける目に見える人間の形

4-空間/時間規則の存在は、そのミラーテンプレートとTemplaicスーパドメインの量子サポートの範囲内の存在を前提とします。


4.6 4-Space/Time Superdomain/4-空間/時間スーパードメイン
galaxy020711.jpg
図7-銀河の衛星画像;星や恒星の残骸、ガスと塵の星間物質および暫定的にダークマターと呼ばれているがよくわかっていない重要なコンポーネントで構成された大規模な重力束縛システム。[21]

私たちが図2と3で見ることができるように、この最後のスーパードメインはユニムにおいてそれらすべての最も内側です。
最初の6つのスーパードメインは、スーパードメインの「最低の」それら共通機能の1つとして打ち出し、育て、推進し、支えなければなりません。
ここで主要な因果ドメインに起因するすべての創造的な衝撃は、templaic立体構造と、最終的にオブジェクトや「もの」になる瞬間的なプロセス内を移動します。
私たちはしばしばそれ自体は本当は存在していない、特定の用語で少し誤解を招く問題としてそれらのオブジェクトを参照し、そして現実問題でちょうど私達の感覚は、多かれ少なかれ固体のものとして解釈するエネルギッシュな周波数の範囲です。

天文学的、天体物理学と宇宙論的なものを含む4-空間/時間で顕在する「自然」現象の数があります。
天体の密度と化学組成、温度、輝度のような、宇宙の物理学を天体物理学が扱っている間、天文学は銀河、星、惑星、水星、星雲などのように天体を懸念しています。
宇宙論は今人類の役割を含め、より全体としての宇宙の研究に向けられています。

これら3つの領域はユニムのいずれかのスーパードメインとして4-空間/時間のための自然な基礎を形成します。
4-空間/時間のオブジェクトは実際にマクロ量子オブジェクト、したがってそれらの「量子数」によってバイオマインドに利用できることを実現することが重要です。
これはバイオマインドにとって重要な役割を果たします。実際、それが因果関係(ソースからT境界まで)上向きの連鎖として思考スーパードメインの中に存在して、どんなオブジェクトの量子数にでもアクセスします。
それゆえ、基本的にあなたは瞬時にすべてのものについてすべて知っているのです。


5. The T-Boundary/T境界

T境界(または思考境界)は、ユニム内全てのスーパードメインの同時顕現のソースである無限の領域です。
外部の観察者にとって、T境界は非常に明るい点として現れるだろう。主要な因果スーパードメイン(図8)の中から見た時に、それと伴いよく知られている旋回、回転させずにブラックホールの反対側のずっと端のように。

ThoughtBoundary021611[2]
図8-主要な因果スーパードメイン内部から正面のT境界のニューロセンサーの経験のホロノミックに似ている表現

顕現することができて非顕現を繁栄させるのはT境界です。
T境界そばには、ユニムの創造と顕現にとって一意的に重要にする単独の「本能」、主要な機能がありません


6. Regions of the Unum/ユニムの領域

この巨大な思考スーパードメイン(凝縮物領域)の内側に位置し、半透明ではないユニソニック調和的ゾーンによって思考物質領域から分離したのではなく、さまざまで色やリングの豊富な品揃えを含みます。
これらのロゴモーフィックリングは、私たちの宇宙、量子真空と空間/時間を含むトロイダル磁場(曲線と交差しないコプラナー線[同じ平面で]について閉じた平面曲線を回転させることにより生成された表面)の結果です。

LogoMorphicRings020711.jpg
図9-ユニムの凝縮領域内に位置するトロイダル磁場により生成されるロゴモーフィックリング

凝縮物と思考物質領域は生命形成の進歩においてとても重要です。
物理情報としての生命は、ユニムの思考物質領域における思考物質情報として始まります。
生命情報が始まる方法を教え、最終的に空間/時間で生物学的な生命体にふさわしい人生の立体構造はユニムの凝縮物領域で実現されます。
これから見ていくように、副量子真空空間は後者においてとても重要な役割を演じます。

Unum020711.jpg
図10-ユニムの2つの主要な領域の2次元表現。ほとんどヴォイドを通じて旅する「意識的して気がつく」宇宙船、巨大な印象を与える。

7. Subquantum Vacuum-Plenum/副量子真空空間

図10を見ると、ユニムの主要領域を越えて生命物理学でヴォイドと呼ぶ何かがあることがわかります。
これは究極の真空(空間や時間だけでなく、また空間/時間に存在する生活情報に準拠する定義の基本的な積み木である副量子)で、これは次の特性を持つ顕著な媒体に真空を形作ります。

・これはすべての生きとし生けるものを含む、全ての物理的な問題へのアクセス権を持つ
・これは超流動媒体の特性を表示する
・これは物理的なオブジェクトや構造への耐性を提供しない
・磁界に同時に発生した電気のような双対変換の変位とその逆を生成する
・これは物理的なオブジェクトと同じように密度を持っていない

さらに上記を検討することにより、LPG-Cは副量子真空空間の組成(その電磁特性、物質との相互作用と媒体の中の波の挙動)の研究を開始しました。
それから量子電位、同調性・拡散性、ロゴモーフィック、そしてユニソニック・インタースーパードメインセット、にアクセスする相互接続した領域は副量子真空空間を実現しました。

DarkMatter020811.jpg
図11-空間/時間における顕在する暗黒物質媒体の真空空間

天文学では宇宙の質量の大部分は暗黒物質であることを示唆しており、それは科学者にとって長年のミステリーであったが、宇宙のほとんどのエネルギーはさらに神秘的な形態であり、ダークエネルギーと呼ばれています。(図11)

詳しい調査の結果、協力的な持続可能性のプロセスを通じて副量子真空空間(ヴォイド)を持つ全ての4-空間/時間エネルギー(量子や素粒子など)の相互接続性があることを示しました。
単純に言えば、すべてのものは副量子レベル(最終的にすべてのものを一つの存在にする。全く分離はありません!)で相互接続されています。
このワンネスは「全てなるもの」、「神」の究極の定義、そして作業モデルであることが証明されています。

8. The Overfunction and the Akashic Records/機能亢進とアカシックレコード[23]

生命物理学で使われている「機能亢進」という用語は、おそらく形而上学で「大霊」と呼ばれているものと比較することができます。
物理グループによると、思考スーパードメインと4-空間/時間の間に相互接続性が無限の1296万程度ある。
それは気が遠くなるような概念ですが、それは下の図である程度図で示すことができます。

12960000Infinites020811.jpg
図12-1296万程度の無限の相互接続性と負と正の空間(クリックすると拡大します)


上記で言及したように、T境界はバイオカインドの記憶(バイオカインドは私達自身のような生物学的実体のための用語です)の呼吸です。
可能ならば、それは究極のアカシックレコードです。
それは私たちの記憶、経験、知識と技術(実際に私たちが今までにした一つ一つの思考)の全てを記録しています。
そしてそれは永遠に保存されています。
1つは「バイオマインド」(バイオカインドの心/精神)としてバイオカインドは同じソフトウェアと同じ演算子を共有する心の1つのメタ構造として、そのメンバーシップの合計になると言うことができます。

さらなる研究は全ての複雑な振動生物学的実体(COBEs)は、情報のバイオカインド倉庫に含まれる情報にアクセスする資格があることを示しました。
言い換えれば、COBEが十分に高度ならば、それらはさらなる進化と進展のための前提条件として、この継承された性質を利用し独自の機能亢進/大霊を開発することができます。

自己実現のレベルを通じて特定のバイオカインドのバイオマインドは、一緒に人生のパズルピースを置いていることを意味します。
彼らは種類の一つではなく、私たちは全て一つである事実を理解し始めます。
まず第一に、バイオカインドとバイオマインドの両方で一つ、特定のバイオかインドのすべてのメンバーが一つであり、そして第二に副量子レベルでユニムのすべてのものと一つです。
第三に、最初の二つを実現することで、唯一の結論は神はすべてのものになっているということで、すべてのものは神であり、したがって私たち一人一人が神です。

これはT境界のまさにメタ関数に私たちにリードしています。
Strzyzewskiは言う。

「T境界の「願い」は、私たちが「科学」と呼ぶことは作業モデルとして利用できる塊を検出、デコード、解読することであり、人間開発の現段階でCOBEs[原文のまま]にとっての目的は何かを知ることと実現することです。ところで、またそのような情報が含まれている思考形態との接続が可能なすべてのCOBEの生命体が利用できるように示されています。したがって、ユニムと同時に(ユニムになる[原文ではなく強調])経験自体を可能にするバイオマインド、機能亢進自体は特殊な要素のバイオマインドにとってユニムになることです。」


9. The "Big Bang" Theory Revisited/「ビックバン」理論の再考

主流科学の理論では、まだ宇宙は「ビックバン」を介して作られそれ以来拡大しているとされています。
またこの宇宙がビックバンを介して作られる前には何も存在なかったと仮定されています。
これはLPG-Cにより再評価されています。

ニューロセンサーはENSを使用してから、私たちが現在経験している宇宙(4-空間/時間)はその種の第4または第5(私達の宇宙はその第4または第5サイクルである!)であると、近い空間でのETとの接触を受けたことから、多くの驚きを発見しました。
これは、私たちは古い宇宙の銀河の光が文字通り消えたような程度にダークエネルギーを誤用していることによる、以前の宇宙は破壊された(または爆縮された)ことが知られています。
彼らは「死んだな銀河になり、こうして生命体から枯渇しました。
したがって、それは破壊され、そしてこの新しい宇宙はおよそ137億年前に作られて、生命に満ちています。
上手く行けば私たちは、前回からの教訓を学んでこの宇宙における同じミスを繰り返しません。
一方、私たちがしなければ、すべての人生をやり直すことは明らかです。
よく聞きたまえ、リサイクルするのは4-空間/時間だけである。他のスーパードメインは無傷のままでいるようです。少なくともこれは私の理解です。

また、これと並行して存在する、私たち自身の他の宇宙(4-空間/時間)もあります、そしてそれらはさまざまな発展段階のすべてです。
私の理解では、後続の宇宙は「任務完了」としてソース/神に戻る体験をするように設定されたものを学んできました、そして以前の経験の上に構築された新しい宇宙が作られます。
ある意味で、これは非常によくできた集合的なRa、1980年代初期にカーラ・Rueckertよりチャネリングされた(これに関する詳細は形而上学的論文で。)による推論のベースかもしれません。
しかしながら、オクターブにおけるどんな循環を示している生命物理学では何もありませんが、科学と形而上学の間で受け入れの失効が依然として存在しています。
形而上学的実体は、より多くの場合2つを併合することを喜んでいるが、常に科学ははるかに消極的です。
私はそれが近い将来に変化することを願っています。

最近まで、地球上の大部分の人間は、この惑星で土着の種を知っているだけでした。
ETsが存在するかどうかという質問は、実際に議論のテーブルに残ったことはないし、本当の知識や地球外生命体の存在の証拠が抑制されて意図的にその存在の証拠が圧倒的である時、純粋な憶測のレベルに保持されています。
彼らは多元宇宙全体に様々な形状や形態で豊富に存在するだけでなく、しかしそのうちいくつかは私たちの間を歩いていて、既に地球上にあり、私たちは気づくことさえしません。

次の章ではこのテーマについて見てみましょう。
4-SpacetimeStructure021311.jpg
図13-4-空間/時間宇宙の形状や形(ソース:LPG-C)


備考:

[1] http://en.wikipedia.org/wiki/Ingo_Swann

[2] http://en.wikipedia.org/wiki/Harold_Puthoff

[3] http://www.eddamesremoteviewing.com/

[4] I defected from the Church of Scientology in the early 1990s, due to disagreements with the new Church Management after the departure of L. Ron Hubbard, and haven't practiced Scientology since. However, the Church was a catalyst for me and a necessity and a springboard for me to start my own research. As always, when looking into a subject as large as Scientology, one needs to use discernment when picking out the diamonds from mundane, glimmering stones.
[4]私は1990年代初頭にサイエントロジー教会から亡命、L・ロン・ハバードの出発後に新しい教会の管理で意見の相違から、サイエントロジーを実践していない。
しかし教会は私にとって触媒で、必要性と自身の研究を進めるための踏み台であった。
いつものように、サイエントロジーと同じ大きさの対象に見た時、ひとつは平凡なかすかに光る石からダイヤモンドを選ぶ時に識別する必要がある。

[5] http://lifephysicsgroup.org/

[6] http://battleofearth.wordpress.com/2011/01/31/dna-molecules-can-teleport-nobel-winner-says/ ; http://news.techworld.com/personal-tech/3256631/dna-molecules-can-teleport-nobel-prize-winner-claims/ .

[7] A much more complex and detailed scientific description of how this works, including mathematical formulas, can be studied in "FOUNDATION REPORTS IN LIFE PHYSICS--Vol 1 No 1--COMPLETE – Review, January-June 2004" by Dr. A.R. Bordon, pp. 26. If you are a scientist and want to take part of this report, please contact this author at wespenre2010@gmail.com, who will obtain a copy through the Life Physics Group.
[7]数式を含めてどのようにこの作業は、A.R.ボルドン博士による「生命物理学の財団報告--Vol 1 No 1--完成 – 批評,2004年1月から6月」26ページで勉強することができる、はるかに複雑かつ詳細な科学的説明。
あなたが科学者であり、本報告書の一部を利用したい場合は、生命物理学グループを通じてコピーを入手するので、著者wespenre2010@gmail.comに連絡してください。

[8] http://en.wikipedia.org/wiki/David_Bohm

[9] Kurt Strzyzewski graduated from University of Wisconsin in 2010, and his paper in Life Physics was apparently one of his graduate papers. He graduated with a Bachelor's Degree in Computer Science. Thus far, his paper, "Introduction to Idiomaterial Life Physics", has been the only publication written in a language which is more easily understood by the layman. This, my own paper, is attempting to simplify it even more. Whether I have succeeded or not is for the reader to decide.
カートStrzyzewskiは2010年にウィスコンシン大学を卒業し、生命物理学の彼の文書は明らかに彼の卒業論文の1つでした。彼はコンピューターサイエンスを学士号で卒業しました。
これまでのところ、彼の論文「特殊な要素の生命物理学への導入」は、素人によってより簡略した言葉で書かれた唯一の出版物でした。
この私自身の論文は、それより簡素化しようとしています。
私が成功したかどうかを決定するのは読者のためのものです。

This footnote is a correction to the original version of this paper, which stated Kurt Strzyzewski has a PhD, which I had pointed out to me is incorrect. I apologize for that mistake, which was my mistake, and mine only.
この脚注は本論文のオリジナル版への訂正で、カートStrzyzewskiは博士号を持つ(私は間違っていると指摘します)と述べました。
これは唯一私の間違いだったとお詫び申し上げます。

[10] c 2009, Dr. A.R. Bordon: "ULTIMATE THOUGHT: Life in a Bicausal Universe", http://www.lifephysicsgroup.org/foundation-books02.html

[11] Plenum: "4. the whole of space regarded as being filled with matter (opposed to vacuum)." Ref: http://dictionary.reference.com/browse/plenum
[11]プレナム:「4. 物質(真空ではない)で満たされているとみなす空間全体。」参考:

[12] Quantum is equivalent to the atomic level of reality, while sub-quantum is the sub-atomic level. See Wikipedia for more detailed definitions.
副量子が副原子レベルである間、量子は現実の原子レベルに相当します。
より詳細な定義についてはウィキペディアを参照してください。

[13] Much of the description of the Unum presented in this section is a simplified version of Dr. Kurt Strzyzewski's essay, "Introduction to Idiomaterial Life Physics", June 2010. The essay can be downloaded for free here
このセクションで提示されたユニムの記述の多くは、2010年6月のクルト・Strzyzewski博士のエッセイ「特殊な要素の生命物理学への導入」の簡易版です。このエッセイはここから無料でダウンロード出来ます。

[14] Urantia Papers online: http://urantiabook.org/newbook/

[15] The enteric brain is buried around our gut, or the digestive system. Read more here: "Enteric Brain Technique", http://evolutionaryhealinginstitute.com/index.php?option=com_content&view=article&id=3&Itemid=15
腸の脳は私たちの腸または消化器系を中心に埋もれている。続きを読むならここ:「腸脳テクニック」http://evolutionaryhealinginstitute.com/index.php?option=com_content&view=article&id=3&Itemid=15

[16] Dr. Kurt Strzyzewski: "Introduction to Idiomaterial Life Physics", p.2, June 2010

[17] We are here merely touching the surface of this extremely complex science. For those more oriented in high level mathematics and physics, I want to refer you to this specific web page, which explains this subject much more thoroughly: http://lifephysicsgroup.org/frlp.htm
ここでは単に、この非常に複雑な科学の表面に触れている。
より高レベルの数学や物理学に向けに、私はこの特定のウェブページを薦めます、この主題について一層まんべんなく説明します:http://lifephysicsgroup.org/frlp.htm

[18] Dr. A.R. Bordon: "Foundation Report in Life Physics, Vol. 1, No. 1, Jan-Sep 2004", p.13.

[19] Penre/Bordon Correspondence, January 2011.

[20] Dr. A.R. Bordon: "Foundation Report in Life Physics, Vol. 1, No. 1, Jan-Sep 2004", p.14.

[21] Sparke, L. S.; Gallagher III, J. S. (2000). Galaxies in the Universe: An Introduction. Cambridge: Cambridge University Press.

[22] A. R. BORDON, E. M. WIENZ, J.A. SANCHEZ C.J. Colossimi-Jaime; "Essay 2: Factors Affecting the Internal Phychophysiology of MPO-LERM"

[23] Ref: Dr. Kurt Strzyzewski: "Introduction to the Overfunction" (undated)

[24] ibid. op. cit., p. 2.

[25] A.R. Bordon [undated]: "Life Physics of Ultimate Causation: A Research Program Using Bioelectronic Applied Mental Interfacing in 4-Spacetime by an Integrated Human Biomind/Biotuner".

[25] Bordon [2007]: "The Link", Chapter 9.

[26] http://lawofone.info .
------------------------------
Acronyms (in alphabetical order) (words followed by a pound sign #):
略語(アルファベット順)(言葉の後に#が続く)

COBE: Complex oscillating biological entities
複雑な振動生物学的実体

ENS:エクストラニューロセンサー(遠隔透視の進行形)

LOM: Level(s) of Manifestation
顕現のレベル(s)

LPG-C:生命物理学グループカリフォルニア、http://lifephysicsgroup.org/(リンクが切れているようです。

RV: Remote Viewing
RV:遠隔透視
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。