Illumination:the Secret Religion - Illuminati Degrees/イルミナティ位階

イルミナティは10の位階を持つ。標準な7つとミステリーな3つの位階。
オリジナルの位階はイルミナティ初のグランドマスター - ピタゴラス、古代ギリシャの神秘主義者、哲学者で数学者 - によって策定された。
彼のシステムは、本物のように象徴的だった宇宙論的システムに基づいていた。

ピタゴラスは哲学者を名乗る初の男だった – 知恵の恋人 – そして彼は地球が宇宙の中心ではなかったと断言する最初の人物でもあった。
その代わり、神秘的に主要な炎(太陽ではない)はコスモスの中心に置かれた、したがって(コペルニクスの体系)地動説の先駆者となった。
主要な炎は「アブラクサスの家」と呼ばれ、神の光と暖かさの永遠の領域、真の神の家として象徴的に表された。

10の天体はそれを中心に公転した;反地球(これは地球と同様に同一の軌道を辿ったが、正反対で主要な炎と相対的だった、故に地球からは恒久的に見えない)地球そのもの、月、太陽、天の平野の恒星の球で当時知られる5つの惑星。
無限の空間を越えて築く。
天体は、天球音楽として知られている神音を、完全な周回軌道を動いて創造した。
それは宇宙全体に浸透したが真の神だけが聞くことができる。
イルミナティのピタゴラス位階

標準位階

第1:恒星の天国
第2:クロノス(土星)。クロノスはタイタンのリーダーだった。
(彼は父ウラヌスを去勢して彼の力を奪った。彼は神話の黄金時代の世界を支配していた。彼はオリンポス神の父だった。彼は息子ゼウスに倒され、彼と他のタイタンは黄泉に縛り付けられた。)
第3:ゼウス(木星、ジュピター)。オリンポス神の王。
第4:アレス(火星)。戦争の神
第5:ヘリオス(ソール)太陽。
第6:アフロディーテ(ビーナス)。愛と美しさの女神。
第7:ヘルメス(水星)。神々の使者。

ミステリー位階

第8:セレネ(ルナ)。月。
第9:ガイア(テラマーテル)。地球。
第10:Antichthon。反地球。

人類が見分けのつかないほど変わる機会をそれは意味するので、Antichthonは最も高い位階です。
この地球が腐敗し邪悪に落ちているが、反地球は完全に正反対な見込みを提供する。
デミウルゴスと旧世界秩序の悪質な影響がないパラダイス。
Antichthon、反地球は、地球はあるべきことができ、なければならないものです。

イルミナティのミトラ位階

後の時代、ギリシャのピタゴラスの位階はローマのシステムに応じて新たにスタイルし直された。
7つの標準位階はミトラ教、イルミネーションに密接に関連した謎の宗教のそれらになった。

標準位階

第1:Corax(ワタリガラス)、水星の支配下。
第2:Nymphus(花嫁)、金星の支配下。
第3:マイルズ(兵士)、火星の支配下。
第4:レオ(ライオン)、木星の支配下。
第5:ペルセース(ペルシャの)、月の支配下。
第6:Heliodromus(サンランナー)、太陽の支配下。
第7:ペイター(父)、土星の支配下。

ミステリー位階

第8:ミネルバ(フクロウに象徴される - ミネルバのフクロウ)。
第9:マグス(灰の中から蘇る神聖な火の鳥、フェニックスに象徴される)。
第10:デウスAbsconditus(隠された神、アブラクサス、テトラクティスに象徴される)。

(シモン・マグスに敬意を表し、4つの主要なイルミナティシンボルの最後は海賊の髑髏(どくろ印)です。ギリシャのスフィンクスも特別な意味を持っています。)

これらはイルミナティ位階のままです。
大多数のメンバーは標準的な位階に属しています。
10位は主たる議会の12人のためです。
主たる議会のアイデンティティは基本的なメンバーシップには完全に知られていないが、それぞれのイニシエーションの時に、主たる議会の覆面をした1人が常に出席し式典の最後の部分を行なっています。

ピタゴラスにとって10が神聖な数だったので、合計10の位階があった。
10まで追加し彼らは神の三角形 - テトラクティス - 4つの要素(地球、空気、火と水)に象徴され、また神秘的な第5の本質その全体で真髄を形成したので、1,2,3と4も尊敬された。

テトラクティスとは:

1 + 2 + 3 + 4 = 10:これは方程式を視覚的に表現、4行の点で構成された正三角形です。
図に示すようにテトラクティスは六角形と3次元の立方体が含まれています。
それは本当に驚くべき数字です。
これも重要な音程を象徴します:4:3(第4)、3:2(第5)と2:1(オクターブ)。
テトラクティスが新しい行を追加することによって合計36まで拡張される場合、第36の"三角"数は666です。:キリスト教のヨハネの黙示録の中で獣の数字。
36の数はテトラクティスが命じる延長された36として、イルミナティにとって重要な意義を持っています。
第666の三角数に関する限りでは222111に等しい。
2つの連続する"三角"数が追加される時、結果は平方数です(例えば1 + 3 = 4、3 + 6 = 9、 6 + 10 = 16、 10 +15 = 25)です。

イルミナティ初のグランドマスター、ピタゴラス

ピタゴラスは西暦前570年ギリシャのサモス島で生まれた。
彼は最初のイルミナティの教義導入し、ミスティックと呼ばれるペレキュデースによって奇跡を実行する方法を教えていた。
(この時、イルミナティは正式な組織として存在しておらず、遊牧民の思想家や神秘のばらばらなグループとして。)
ペレキュデースは人間の魂、"アンダーワールド"で魂の放浪、そして生まれ変わりの魂の循環の目的と不死と輪廻上でピタゴラスに指示した。

ペレキュデースは、当時の教師の中で最も有名で学問のあるエジプトの司祭に囲まれたイルミナティの他のメンバーにピタゴラスを推薦した。
ペレキュデースが死んだとき、ピタゴラスは船に乗り込み、ヘリオポリス、メンフィスとテーベで司祭によって秘密の知識、深いミステリーと高度な数学を教えられていたエジプトに行った。
その後、彼はペルシャのマギからオカルト知識とフェニキアのジオメトリー(幾何学)、カルデア人から天文学を学んだ。
彼はまた、ペルシャ預言者ツァラトゥストラ(ゾロアスター)に会った。
彼の旅行で、世界で利用可能な偉大な知恵のすべてを獲得した。
彼は、キリスト教とイスラム教に関する限りでは、ユダヤ教に汚染されていなかった。彼らはこの時点で存在していない。
近頃の人々にとって、人々がユダヤ教、キリスト教とイスラム教のゆがんだ考え方に苦しむことはなかった時があったことを忘れがちです。
世界はかつてこれらの恐ろしい宗教から自由にした、そしてそれは再びすることができます。
キリスト教によると、すべての人間は"救い主"、イエス·キリストの到来の前に地獄に行った。
彼がこれまで来なかったならば、人類全体は地獄に非難されたでしょう。
どのような宗教がすべての人を永遠の破滅に送り込むことを考えていますか?

南イタリアのクロトンで、ピタゴラスは学校を設立し彼が獲得した秘密の知識を教えていた。
ここでイルミナティはまず、最初のグランドマスターとしてピタゴラスといっしょに、正式な組織として形を取った。
彼とイルミナティの新たに手ほどきされたメンバーは、すべてのものが共通して開かれたコミュニティに住んでいた。
私有財産がありませんでした。兄弟の協力は強調されました。

ピタゴラスは、カーテンの背後からイルミナティに対処するので、誰も彼を見ることができなかった。
唯一イルミナティのミステリーな位階へ等級別にした人々は彼の存在に認められた。
外側の円がakousmatikoi("リスナー")と呼ばれている間、ミステリー等級、側近グループを達成した人たちは、mathematikoi - 数学者 - と呼ばれていました。

ピタゴラスは隠語(まだイルミナティの上級メンバーに用いられる)と手の込んだ数のコードと記号的なメッセージを開発した。
彼は入会の儀式を考案し秘密のシンボルと特殊な握手を導入しました。
コンパスと三角定規(数学のツール)は、高く目立つシンボルとして与えられました。
フリーメーソンロッジのトレードマークの全ては、ここですでに明らかでした。
イルミナティは千年後には、これらの根源のピタゴラス学派の革新に基づき、フリーメイソンを公式に作った。

彼の学生は超自然なピタゴラスと半神半人を考慮した。
彼らは「ピタゴラスのような宇宙男と神と生き物がいる」と述べた。
伝記作家は彼のことを「神と人の間の中間で調和的な神」と呼んだ。(人間性と神性の間でのぼっていくスケールの個人の考え方はイルミナティにとって重大です。)

シバリスのイタリア都市は市民が享受する富裕と贅沢のため伝説的だった。
これは飛び抜けて優秀な旧世界秩序都市だった。
ピタゴラスは、怠惰な、腐敗した、唯物論の社会、貧しい人々に無頓着で、お金を稼ぐことに専念した哲学とアイデアの軽蔑的、としてこれを避難した。
クロトン(シバリスのライバル)はそれを攻撃し破壊した。

イルミナティはますます成長しより影響力があった、しかし「高い出生」の人(すなわち旧世界秩序のメンバー)、シオンという男が結社への入会を断られた時、彼と凶悪犯のギャングは大部分の入会者を殺しイルミナティの本部を焼き払った。
ピタゴラスは逃げたが、追いかけられ、捕まり、死刑にされた。

ピタゴラスは、歴史の中で最も輝かしく神秘的な男性の1人です。
彼はそれ以来イルミナティが没頭している主題、数学と神秘主義を結集しようとした最初の動機だった。
これまで主たる議会にしか利用されなかった、イルミナティの宝の1つは、ピタゴラスによる古代写本です。
より広い世界が関する限り、彼は決して何も書き留めなかった。

彼は、数字がアルケー、宇宙で最も基本的な要素、物事の本質であると考えました。
奇抜なアイデアように聞こえるが、誰も数学が宇宙の構造に深く組み込まれていることを疑うことはできない。
宇宙が数学的でなかったなら、そのいかなる意味も作ることは不可能であろう。
数学は秩序やパターンの言語です。
方程式を解く際に数字は生み出される。

"時計仕掛け"のラプラスの宇宙において、宇宙のあらゆる粒子の位置と運動を一度に決定することができれば、その後全ての将来の位置や動きを計算することが出来た。
この意味で、宇宙はあらゆる粒子(それらの上で動作する力によって動かされている)の力学的位置を説明する刻々と変化する数値の広大なマトリックスとして特徴づけることができた。
量子の不確実性の導入は、単に、マトリックスの複雑さを変更しますが、現実のこのビジョンの基本的な数値の根拠はありません。
宇宙がすべての可能な粒子のすべての可能な位置を説明する数値の膨大なマトリックスとして瞬間ごとに一瞬で説明することができ、人類すべての経験がこれらの数字でコード化されているならば、それからそれが当初多くの人々に聞こえるように、ピタゴラスの声明は不思議ではない。
映画マトリックスは、数字とシンボル - マシンコード - の巨大な配列が滝のように流れ落ちるコンピューター画面(我々が慣れている現実に翻訳しなければならなかった)として"現実"を有名に示した。
しばらくしてこの翻訳はスクリーンを見ている人々のために自動になりました。
彼がそれらから派生した実生活のイメージよりも、よりリアルなものとして数字やシンボルの画面を見なしたかもしれない場合を除き、これは瞬時にピタゴラスに訴えたであろうイメージだったのでしょう。
デコードされたイメージは副次的で派生したものでしょう、同時にコードはアルケーでしょう、それゆえより本物ではない。

ピタゴラスはオカルト的思考で大いに特色のある数秘術にとって最も責任が有る人だった。
彼は虚偽と架空として目に見える世界 - デミウルゴスの創造 - を非難した。
グノーシス主義の古典的な言葉遣いで、霧と闇で天国のような光は壊れて見えにくいと彼は言った。
彼はセント·フランシスと共通する多くの特性を持っていた;貧困への愛、特権エリートの行動に絶望し、ブラザーフッドのための欲求。
彼もセント·フランシスと同じように、動物と話をすると言われた。
男性と女性は、それらの時代に例外的な発生、対等でイルミナティに入会した。

バートランド·ラッセルは、プラトン哲学の大半はピタゴラス教団にそのルーツを持っていたと述べた。
西洋世界上のプラトンの影響を考えると、これはピタゴラスがいかに重要だったかを示しています。
彼は当然すべての西洋哲学者の中で最も影響力があると見なすことができた。
世界にとっての大きな悲劇は、それがピタゴラスとグノーシス主義とイルミナティから離れ、ユダヤ教、キリスト教とイスラム教の邪悪でばかげた宗教を受け入れ、代わりに私たちを恐怖と絶望の千年の中へ突っ込んだということでした。
しかし彼とイルミナティのメッセージは、ピタゴラスは生まれ変わり最後に勝ち誇るでしょう。

「知性ではなく感覚で明らかになった永遠の世界の全体構想は彼から派生している。」とラッセルは言う。

彼はまた、世界が見るために月へメッセージを投影する能力を持っていると評されました。
彼自身の血を使用して彼は月面を指すルッキング・グラスにメッセージを書くでしょう、そして碑文は月のディスクに見えるでしょう。

ピタゴラスは、直角三角形に関する定理で有名ですが、それは彼の注目に値する業績のうちである。
彼は、それぞれの数は独自の特殊な属性があることを教える:

 属性
1  モナド(団結)が理由、数字の発電機。
2  ダイアド(多様性、意見、他者性)初の女性数
3  トライアド(調和=団結+多様性)最初の男性数
4  (正義、報復)アカウントの二乗
5  (結婚)最初の女性+最初の男性
6  (創造)最初の女性+最初の男性+1
...
10  (宇宙)テトラクティス

220と284の数字のペアはイルミナティの認識コードだった。
220と284は"友好的な"数字です。
それぞれが、他の適切な除数(つまり番号自体を除くすべての除数)の合計である場合、2つの数字は友好的である。

220の適切な除数の和は1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284。
284の適切な除数の和は1+2+4+71+142=220。

イルミナティのメンバーが数220を冠したタリスマンを示した場合、正しい応答は数284を冠したタリスマンを別のメンバーのために示すことだった。
この数字のペアは、魔法、魔術、占星術やオカルトで重要となっている。

他の認識コードは、いわゆる不十分で、完全で豊富な数字に基づいていた。
それはその適切な除数の和に等しい場合、この数値は完全である。
その合計が数を下回る場合、数が不足している。
8は不十分(1+2+4=7)。
合計が数を超える場合、数は豊富である。
12が豊富(1+2+3+4+6=16)。

イルミナティのそれぞれ位階は特に、不十分で完全または豊富な数と関連し、そして別の彼の順位を明らかにする1人のメンバーによって使用することができる。

これらはイルミナティによって使用される複雑な数秘術の例をいくつか示します。

啓示宗教対神秘宗教

世界の主要な宗教は"明らかになった"。
この用語には2つの意味があります。
一つは、私たちに神自身を個人的に明らかにしたということです。
もう一つは宗教のいかなる部分も隠されていない、すなわち宗教全体はすべて利用できるということです。

キリスト教において伝えられるところでは、神はイエス·キリストという人の化身になった、そして彼の援助の年の間に、私達へ彼のメッセージを直接伝えました。
彼の教えは新約聖書に記録された。
(なぜイエス・キリストが彼の宗教の正確な本質を書き留めて気にしなかったのか、人は不思議に思う。
なぜ彼はとても曖昧だったのか?
なぜ彼は複数の解釈に影響を受けやすい奇妙な例えに絶えず訴えたのか?)

ユダヤ教において伝えられるところでは、モーゼや大司祭などの著名なユダヤ人を神自身に宛てた。
シナイ山で神が個人的に十戒と"口頭で"トーラーとともにモーゼに与えた、すなわち彼はモーゼと介入する人と伝達した。
いわば確かな筋からモーゼに直接与えられた言葉だった。
口頭のトーラーは後にモーゼによって書き留められた - それは彼の死の当日に完成した - ユダヤ人の神聖なテキストになるために。
(なぜヤハウェは口でそれを示すよりもむしろトーラーの書面にしたバージョンを与えなかったのか、人は不思議に思う。
なぜ彼はただ1人よりもむしろみんなに現れなかったのか?
なぜ彼は"選ばれた民"であることの名誉のきっかけにユダヤ人を選んだのか?
そしてこれは皆に対する彼の態度のために何を言ったのか?)

イスラム教では、読み書きのできない部族の一員モハメッドが洞窟で天使ガブリエルに遭遇した。
それからガブリエルはモハメッド(最初のコーランを生産した律法学者に書き取らせた時、順に彼はあらゆる単語を思い出した)にアッラーの言葉を完全に書き取らせた。
(なぜアッラーは文盲の農民よりむしろ読み書きのできる誰かと対処しなかったのか、人は不思議に思う。
これはすばらしい奇跡だとイスラム教徒が思う一方、他の皆はそれが奇妙、不可解で信じられないことだと考えている。
なぜアッラーは後述マシンとしてガブリエルを使うよりも、聖なるテキストを直接的に与えなかったのか人はまた疑問に思う必要があります。
そしてなぜアッラーはそれほどアラビア語が好きでしたか?彼はすべての言語でコーランを与えることができなかった?
まさか宇宙の創造主のための手に負えない努力ではない。)

ヒンズー教では、神々の化身は定期的に地球に現れたが、再び彼らのメッセージをはっきりと伝達することが大変に困難なように見えた。

"古い"宗教は神の語を直接神から、なおかつトーラー、新約聖書とコーラン(地球上では最も曖昧で少なくとも説得力のある本)を所有すると主張することは驚異的なことだ。
J・R・R・トールキンによる"ロード・オブ・ザ・リング"はより信用できて一貫性がある。
生まれてから洗脳される人々だけが"聖なる"テキストから噴き出すナンセンスを信じることができた。

数千年もの間、人類は"神の言葉"に直接アクセスしたが、誰もそれが何であるか意見が一致することがなく、それは終わりのないトラブルと暴力を引き起こした。
神は効果的なコミュニケーションができないのですか?
その場合彼はどんな神ですか?
確かにあることは地球が"神"の聖なる言葉のおかげで栄光の楽園にならなかったということです。
疑いはこの世界の神はサタンと多くの共通点がある - 正確にグノーシス主義が常に教えてきた? - ことを形成するために開始されない。
きっぱりとサタンの言葉 - 聖書、トーラーとコーラン - を拒否する時です

仏教において、神はありません、しかしブッダ自身は仏教の全体を明らかにした。
何も普通の仏教徒から隠されない。
仏教が持つ難点は、それが単純に幾らかの非常に多くに達しないことです。

"ミステリー"宗教では、状況は全く異なっている。
完全な宗教は皆さんに明らかになっていない。
深遠なる秘密、驚くべき約束、人生を変える啓示がそこにはある。
より多く知りたい人々は宗教に入会しなければならない、そもそも彼らが入会することを許されないかもしれない。
もし入会者の欲求が宗教の究極の秘密を知ることならば、彼は最高レベルに到達するため複雑化している大きくて重い要望を伴うさまざまな位階を通って卒業しなければなりません。

ミステリー宗教はすべてと種々に便利な聖なるテキストを提供しません。
ミステリー宗教は皆に答えを与えていない:答えのために働く必要があり、厳密に最も献身とコミットメントを示す人々のために厳密に運命づけられたている。
ミステリー宗教はしばしば意図的に不穏な方法で感覚を攻める超越的な儀式を伴う。
ミステリー宗教は彼ら正常な自我と普通の生活、彼らの快適ゾーンのから入会者を取る。そしてそれらはひらめきが可能なアリーナへ彼らを突っ込む。

ミステリー宗教は啓示宗教との共通点は何もない。
ミステリー宗教は宇宙の可能性の全てにあなたの目を開くことについて、究極の変換について、真実に関するものです。

啓示宗教はそれどころか、あなたが完全に阻害されている神へお辞儀をしてひざまずいて祈るようあなたに命令しているヒゲの老人についてです。
啓示宗教ほど退屈でよりつまらないものはない。

啓示宗教は純粋宗教の嘲笑です。
それは精神を殺し消費主義と唯物論を促進するために、非常に多く行っている啓示宗教を拒絶する人間性のための時間です。

「かつて『後生だから』されたことは、現在お金のためにされます。」
ニーチェ

ミステリー宗教だけは神の人間の感覚を復元することができる。
イルミネーション、過去のミステリー宗教における切れ目のない祖先を持つ、他の全てを置き換える宗教である。
スポンサーサイト

テーマ : オカルト・ホラー
ジャンル :

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

わが友マキアヴェッリ 5/6 ~政変と更迭

ソデリーニの追放、新大統領ジャンバティスタ・リドルフィである。リドルフィは、反メディチではなかったがメディチ派でもない。ソデリーニ政権下で要職についていた人々で、解任されたものが1人もいないという事実である。クーデター当時、ソデリーニが後を託したほどの、ということはソデリーニの信認も扱ったという証拠だが、そのフランチェスコ・ヴェットーリもローマ駐在大使に任命されている。それなのになぜ自分だけ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR