FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Introductory Level of Learning The Black Magicians/入門の学習レベル 黒魔術師

黒い魔術師

イルミナティにコントロールされた秘密結社は秘密のイニシエーション階級を持っている。
ピラミッドのワンレベル上の人々が、それらの上のレベルの人々が知らないピラミッド構造。
ピラミッドはもともと底でイニシエーションの多数とイルミネーションを象徴しており、反対側にある究極のイルミネーションにあなたが太陽のイルミネーションを通過するまで、イルミネーションへの道は狭くなりあなたはさらなる高みへ到達する。

歴史を通じて(より多くのメンバーを補充するために、規則は最近それほど厳密ではありませんでした)フリーメイソンにおいて、あなただけではメンバーになることができません。
すでにメンバーである少なくとも二人の推薦がなければならないし、参加できるまで志願者は彼の記録を検討すべきである。
会議で一人でも会員であることにノーと言えば、申し入れた人はイニシエートされない。
同胞団は彼をどんなものとするかどうかを決定する場合、各人はとても慎重に審査される。

公式にはほとんどの結社は慈善団体である。
それは彼らが正反対に「悪い」人だけを選択していることを意味するものではありません。
これと、フリーメイソンのような組織は本来クリスチャンで、殆どの人がフリーメイソンに参加する理由は、ある種の神を信じている限りすべての宗教の人々を受け入れるからです、と彼らが広めるプロパガンダ。
言い換えれば、あなたを無神論者にすることはできません。
これらの結社はそのかわり、各メンバーが同胞団に何よりも忠誠を誓ったイニシエーションの秘密階級とともに極めて難解です。
私が以前に言及したように、この人が社会(ある国の大統領と言いましょう)のある地位を持っていれば、彼の最初の忠誠は大統領としての彼の義務に同胞団ともう一つにあることを意味します。
だから、彼は実際に二重の忠誠心を持っているし、同胞団が決めるものは何でも、彼が行うためにはそれが彼の国とその国民の生存に反する場合であっても、従わなければならない!
優良なブラザーは常に彼が組織にとって有用であり、その規則に従う限りは保護され世話をされる必要があります。
彼が失敗したり秘密を守らない場合、彼は恐ろしい例として時には殺されることもあるでしょう。
秘密が保持されることが非常に大事です。
そうでない場合、同胞団は人を支配する力を失いピラミッド全体が崩壊してしまう。
それがアジェンダに適していない限りイルミナティは宣伝を望んでいない。
彼らは、国民は彼らの恐ろしい犯罪を見つけたとき、怒りで彼らを殺すであろうことにびくびくしている。

下位レベルの多くのフリーメーソンは、実際にはメンバーになることを非常に喜んでいる。
それはきつい「属する感じ」であり、彼らは学校では教わらないこの宇宙の秘密をいくつか学ぶことができて熱狂し魅了されている。
一人のフリーメイソン会員は言った。「私の妻の他に、人生で最も重要なものはフリーメイソンです...。」
因みに彼の妻は、秘密を守るためと最も頻繁に女性が結社に許可されていないとして、夫が結社でやっていることについて何も知ってはいけない。(ただし、フリーメーソンの「イースタン・スター」のように、特に女性のためのいくつかの結社があります)(http://www.mastermason.com/mmlinks/oes.htm )
一つは、同じ仕事やその他の低賃金で、女性は男性よりも社会の中で低い値のものとして扱われることにより推測することができます。それは男の世界、つまり男性優位の秘密結社の世界。

ポジティブフロントを作成する目的で、同胞団は組織の良い話をしそれを守る必要がある時、善良な人々(有名人やそれらは一般に住民によって賞賛されている立場の人を募集するのに非常に貴重なものですが)を募集することを実際に熱望している。
と少ないそれらの人々は知っている。
本当の課題は、この人は組織の彼の防衛においてより正直に聞こえる。
彼らはあまりにも一つの方法や他の秘密結社のネットワークと関係があるので、これはまたいかなる種類のカルト宗教のために行く。

時間とともに、彼らが上部、かなりのレベルに達するまで、メンバーの何人か(しかし皆ではない)は彼らが属している秘密結社内でより高くより高い階級に上がる。
しかし、そこではとても慎重に選択が行われる。
例えば、フリーメーソンの入会者は忠誠のため「試され」二つの選択をすることができる。
彼が善良な人で通常の選択をするつもりであるなら、崇拝する結社のマスターと評議会は、彼に正しい決断と忠誠心を示したと教えてくれる。
しかし、その人は最高階級に認められることはありません。
彼は続けることができない理由を評議会からの言い訳で満たされる。
一方、入会者が他の選択をした場合、彼は上の階級表で継続することを認められて十分信頼出来るとみなされる。
彼は今、なくなって久しい時代からの叡智が集った「秘密の書庫」にアクセスし、それの一部とユダヤのカバラに基づいた強力な魔法の儀式を行うことが許可されている。
彼はより多くの黒魔術に関わることになり、とりわけ以下の「巨大な秘密」のために準備をする。

1.結社の目的は人類の上で管理する1つの世界政府を作ることです。
人口を制御するため、彼らは我々を約5~6億まで減らす必要があります。(http://www.illuminati-news.com/nwo.htm#nwo20 )
これは、紛争、戦争、ウイルスや病気を発明し、昨今のテロ戦争や金融危機(2008年)を画策することなどによって引き起こされる。
イルミナティの世界的なピラミッドのトップは主に、時間をさかのぼっていくと13の王家の血統だ。
しかしながら、このウェブサイトで示されるように、そこには13血統よりも更に高い別の隠された手、もしくは隠された力がある。
しかし、私はこの特定の概要記事でその主題には触れないつもりです。
彼/彼女が、階層の絶対的なトップと彼らが実際にいることについて、読む準備の前に読者はもっと学習する必要がある。

2.大衆を制御する方法はマインドコントロールやオカルトパワーを介して行われ、操作する意図で使われる。
これはまた、メディア、音楽、ハリウッドやその他(日常的に起こる実際の出来事)を通して現実のオカルト的な考えが社会に植え付けられることを意味します。

3.報酬は上記の勢力に魂を売って引き換えに、権力とお金になります。
マジックの制御を扱うエネルギーとエネルギーを最良の制御ができる人は最も力を持つだろう。

あなたは「悪魔に魂を売る」という表現を聞いたことがある。
彼の魂を売っている人が、それ自体「悪魔」と呼ばれるどんな実体にもそうすることはないが、彼/彼女が一旦出会えば逃げることが出来ない非常に暗いエネルギーに彼の/彼女の魂を売っている。
これについては、実際にそれがどのように動作するかこのウェブサイト上の他の場所で説明される。
契約における唯一の難点は、彼から必要とされる私たちの残りの部分に向けてすべてのこのネガティブなエネルギーを使用することにより、人は結局報いを受けなければならないということです。
それはちょうどこの宇宙の法則が引き起こすということです。
あなたがそうするならば、彼は彼自身の地獄を最後につくります、しかし私は地獄のキリスト教の説明と意見が合いません。
このウェブサイトが研究し続けているその理由は明らかであろう。

4.同胞団の上層部は、悪魔主義者ではなくルシフェリアンの活動しています。
ルシファーとサタンは二つの異なる実体があり、人々は頻繁にそれらをミックスすることに起因する。
いくつかのレベルで同胞団のメンバーはルシフェリアンであると信じ、実際の秘密を混同し守るためにちょうど別の正面である時、「光をもたらすもの」を意味する。
サタンは本物だ、彼はこの世界のとおそらくこの宇宙の領域の主で、彼は同胞団の本当のグランドマスターだ!

1922年にルシファートラストがロンドンで創設されたが、後に最初の名前があまりに明らかだったとして、ルーシストラストに変更された。
トラストは、非政府と公式に国連によって認識される。
それはまた、神智学協会の延長、アーリアスーパー人種について教義の開発でアドルフ・ヒトラーに影響を与えた別の秘密結社である。
ルーシストラストは数ある中でオカルト信仰者ロバート·マクナマラ(つい最近病気になった)、かつての米国の国防大臣、世界銀行の総裁、ロックフェラー財団のメンバー、そしてトーマス·ワトソン(IBM、モスクワの元大使)に後援された。
ルーシストラストのスポンサーは、とりわけ、次のフロント組織である。国連、グリーンピースインターナショナル、グリーンピースUSA、アムネスティインターナショナル、ユニセフ。
ルーシストラストは、ニューヨークの国連本部でブラックマジックが実践されている唯一の「宗教的な」チャペル、理解の寺院を持っています。
ルーシストラストは照らされた秘密主義のグループ、ニューエイジの名士が現在、舞台裏から惑星を運営していることを公然と宣言している興味深い事実。

下記の証拠が、グレードの低いメンバーがどう思うかにもかかわらず、フリーメイソンはキリスト教の組織ではないことを、馬の口から直接より高いグレードのメンバーが言っています。
これらの引用は
a)おそらく20世紀の最も有名で重要なフリーメーソン(33°)であり、頻繁に、特にフリーメーソンの上層部において読むマンリーP.ホールの作品。
b)フリーメイソンのアイコン、アルバート・パイク、彼もまた33°で、彼の書いた本「モラルとドグマ」(http://illuminati-news.com/e-books/morals-dogma/apike.htm)やいくつかの情報源から得られた。

Manly P. Hall
「人間は意思における神である。そしてエジプトの神秘的な神話のような、ろくろ上で彼が成形されています。
彼の光がすべてのものを持ち上げ保持するために外に輝くとき、神格のトリプルクラウンを受け取ります」
(マンリーP.ホール、The Lost Keys of Freemasonry 92ページ)
「ヨーロッパの神秘主義は、アメリカ合衆国が設立された時点では死んではなかった。
ミステリーの署名のための新政府の樹立においてコントロールされたミステリーの手は、まだアメリカ合衆国の国璽に見られるかもしれません。
シールを慎重に分析、それらはいわゆるアメリカンイーグル...国璽上のアメリカンイーグルは、しかし伝統として確立されたフェニックス...の中でオカルトの塊とフリーメーソンの主要シンボルを開示している。 」
「米国政府の創設者は多かっただけではなくフリーメイソン、潜在性少数にのみ知られていた独特で特定の目的に対し、この国を設立するのを助けた彼らは、ヨーロッパに存在する威厳のある体は秘密と援助を受けた。」
(マンリーP.ホール、The Secret Teachings of All Ages XCとXCIページ)

* * *

「1つの祭壇と1つの崇拝がなくてはならない、精神的な神殿の建設に私たち古代同胞の労働が象徴される時、メーソンリーはキリスト教の職業にならず時間を楽しみにしている。ヴェーダ、シャトラ、Sade、Zeda-アベスタ、コーランと聖書の上でメーソンリーの一般的な祭壇は、ヒンズー、ペルシャ、アッシリア、カルデア、エジプト、中国、モハッメダン。ユダヤとキリスト教のひざまずく神社でなければならない」
[ "The Kentucky Monitor" Fellowcraft Degree p. 95 ]

「....文字通りの意味は(聖書の)唯一の低俗のためである。」
[アルバート・パイク "モラルとドグマの要約," p. 166 ]

「農民にとって、哲学者にへの真実であることは、真実の影響もないし、真実ではないでしょう。多くの宗教は、洗練されて反映された少数派のそれより必然的に誤っていなければならない。本当の宗教は多くの点、無知で理解されないだろう。聖書の教義には、多くの場合厳格な真実の言葉を借りて言えば、無作法で無知な人々に伝えるためという点で最適であった..教義。」
[ アルバート・パイク "モラルとドグマ," 14th Degree, p. 224 ]

「カバリストが言うにはサタンの本当の名は、ヤハウェの反対である。サタンは黒い神ではない。イニシエートのためこれは人ではなく永久に作られたフォース、しかし悪のために働くことができる。それは自由と自由意志の装置だ。」
[アルバート・パイク "モラルとドグマ," Master Mason / 3rd Degree p. 102 ]

「メーソンリーは光を探す。その光。カバラへご覧のようにその探求は私たちを後ろへ導く。古代と少しの理解(原典)で無限は多くの教義の出所を見つける。そして(彼は)の時間内にヘルメス哲学者、錬金術師、忠誠全ての反教皇思想家とエマニュエル・スウェデンボルグに目が明くかもしれない。」
[アルバート・パイク "モラルとドグマ," 28th Degree p. 741 ]

「すべての真に独断的宗教はカバラから発行され、それに戻ってきた。イルミナティ、ヤーコプ・ベーメ、スウェデンボルグ、セイント・マーチンと他の宗教的な夢の中で、科学的かつ壮大なすべてはカバラから借りた。全てのフリーメーソン結社が彼らの秘密とシンボルに負う。」
[アルバート・パイク "モラルとドグマ," 28th Degree p. 747 ]

「しかしメーソンリーは古代のミステリーと同じであるが、それはこの資格の意味ではこれだけである。それが彼らの輝き、壮大な遺跡の不完全なイメージを示す。」
[アルバート・パイク "モラルとドグマ Fellowcraft Degree p.22 ]

「メーソンリー、ミステリーの後継者(バベル、ミスラ、タンムーズ、Whicka、その他。)はまだ教育の古代の荘園に従います。」
[アルバート・パイク "モラルとドグマ Fellowcraft Degree p.22 ]

「これら二人の神々(太陽と月、オシリスとイシス、その他)は一般的に男性と女性の生殖部分に象徴された。下品さの考えが添付されなかった遠い時代で。Phallus(ペニス)とCteis (膣)、生産と世代の記号、そしてミステリーなどに登場した。(私はメーソンリーがこれらの復活であると思っています)円の中のボートとマストと点だったようにインドのリンガは、両方の連合であった​​。(フリーメーソンシンボルの手がかり)」
[アルバート・パイク "モラルとドグマ," 24th Degree, p. 401 ]

「あなたの妻子あるいは友人はあなたの誘いについてあなたに何でも尋ねなければなりません。例として、あなたの服を脱いでいた場合、あなたは盲目的で折られた場合、あなたが首に巻いたロープを持っていた場合、その他、あなたは隠す必要があります..したがってもちろん、それについては意図的に嘘をつく必要があります。それはあなたの義務の一部です。」
[同上 p. 74]

質問:「何があなたをフリーメーソンにしますか?答え:私の義務。」
[第一位/徒弟の質疑応答]

「耳から耳へカットしてしまった(そのルーツによって引き剥がされる私の舌)ので同じだけペナルティを受けて私自身を縛り、私の体は潮の陸から鏈(距離の単位)、海の粗削りな砂に埋もれた..」
[第一位/徒弟の誓いから]

「私の左胸が引き裂かれ開いて(私の心は摘み取られた)餌食として空中の鶏とフィールドの獣たちへ与えられたので、同じだけペナルティを受けて私自身を縛り付ける。」
[第3位/親方、義務の誓いから]

「..故意の違反について、私の眼球は3つの研がれた刃(私の足は激しく鞭打たれて、燃えるまでは太陽が青黒いペストとストライキしなければならない紅海の無菌海岸上の熱い砂を歩くことを余儀なくされた)を使って中心に穴を開けてしまったので、恐ろしいペナルティが発生する可能性がある。そして私のアッラーアラブの神(イスラム教徒とモハッメダン)、私達の祖先の神は私に同じ全体の成就へのサポートをしています。」
[神秘的な神社の古代アラビアの貴族の結社、義務の誓いから]
("シュライナー")

「あなたはブラザーメイソン達すべての犯罪を隠す必要があります...そしてあなたがブラザーメイソンに対する証人として召喚されるべきである、常に彼を守るために..それはこれを行うための偽証かもしれない(それは本当です真実)、しかしあなたの義務を保ちます。」
[ Ronayne, "メイソンリーのハンドブック" p. 183 ]

「我々は虚無主義者と無神論者を解き放ち、そのすべての恐怖を列国にはっきりと絶対的な無神論(野蛮で最も血まみれの騒ぎの起源)の影響が示されるであろう社会的大変動を引き起こさなければならない。
それから至る所で市民(革命家の世界の少数派から実を守る義務がある)は文明の破壊者を根絶するだろう。
そしてキリスト教に幻滅する多数は、理神論の精がその瞬間から理想を切望してコンパス(方向)なしになるだろう。
しかしそのあこがれ(ルシファーの純粋な教義の普遍的な兆候を通して純粋な光が届くだろう)を与える場所を知らなくても公共の意見の外でついにもたらされ、その兆候はキリスト教徒と無神論の破壊に従い一般的な反動の運動に起因するだろう。
双方とも同時に征服し絶滅される。
1871年8月付け マッツィーニへの手紙に書かれた世界征服のための計画、アルバート・パイク。

「フリーメイソン33階級アルバート・パイク(1809年~1891年)、フリーメーソンの階層のルシフェリアン教義を開発するための運命づけられた男、同じ性格であったルシファーとサタンを受け入れることができなかった。
最高評議会で選ばれた少数に彼の信念を教えながら、パイクは世界で最も強力なメイソンになった。
アメリカ南北戦争の間同盟軍隊における名も無い将軍、彼はフリーメーソンではほとんど目立たなかった。
1859年から1891年に彼がなくなるまで、パイクはチャールストンSCで最高評議会の最高司令官、ワシントンDCで中央名簿の親方、そしてユニバーサルフリーメイソンのローマ教皇の位置を同時に占めていた。
彼は個人的に130あるフリーメーソンの位階を受け、世界のほぼすべての最高評議会の名誉会員であった??。
パイクはまた、アメリカの歴史の中で最も肉体的にも道徳的にも反発する個人の1人であった。
優に300ポンドの重量を量る、彼の性的傾向は売春婦の一団を伴って森の中で男根の王位に裸でまたがり座っていることだった。
彼はこれらの乱交パーティーで食べ物やお酒の一つ以上の荷車を載せるだろう。そのほとんどは彼は意識が朦朧となるまで、二日間で消費するだろう。
アーカンソー州の彼の採択で(パイクはよく悪魔の開業医として知られていた)彼の晩年の肖像画は首にバフォメットのシンボルを身に着けて表される。」
ジョン・ダニエル、スカーレット・アンド・ビースト Vol.1

「破壊を達成するために及ぼされる時、メイソンリーは彼らの献身的犠牲(すべての病気に付随する組み合わせた力)によって悪党と悪意の有るキャラクターを訪れる機会を与える。
すべてのひっそりとした時間で秘密の時間と場所そしてそれは目に見えない働き。
そして、それはその献身的な主題を責めたてる彼の病気を呼び出す時死のような、そしてほこりでうつぶせになった彼を横にする。双蹄を示す男の偉大な敵のようなその秘密の陰謀に対してガードに公衆を据える。」
-1827年、WM大尉 メーソンリーのモーガン実例として。

「フリーメイソンのような秘密結社のメンバーシップは、公平や客観性の欠如の疑念を上げることができる。したがって市民が事実を知る事は重要です。
私はそれがフリーメイソンは秘密結社ではないが秘密を備えた結社であると言ったケースだと思います。
刑事司法制度における彼らのメンバーは、彼らが守るべきではない一つの秘密が広く容認されたと私は思います。」
-1997年イングランド内務委員会、内務大臣ジャック・ストロー

「これは、儀式魔法の近代的拡大と、西洋諸国で一般にオカルト増加の最大で単一の影響は黄金の夜明け団であったことが一般的に認められている。
19世紀の終わりに、フリーメイソンによって設立されたこの魔法クラブは、カバラのセフィロト(生命の樹)に関連する伝授の10の位階と複雑な儀式の体系を開発しました。」
(世界的に有名な魔女、ジャネットと著者スチュアート・ファーラー、魔女の聖書を仕上げる)
-ジャネットとスチュアートファーラー、現代魔女の生活と生涯、フェニックス出版
Company, p. 121

良いことを意図された人々がそのような破壊的組織のメンバーのままでいる理由は、おそらく非民主的な構造と指図の連鎖のためでしょう。
低いグレードの兄弟は何が上のグレードにあるかを知る資格を与えられていない、そして好奇心は神秘に彼を駆り立てる。
また、規律と秘密は非常に厳密で、もし1人が従わない場合罰は厳しくすることができる。
このようにして、上部にいる非常に少数の邪悪な男たちは多くの無知な人々を下にコントロールすることができる。
それは多分シンプルで、もちろんマインドコントロールの基本的な形です。
どんなカルト宗教にも同様に働く類似した構造があります。


民主主義についての考えを出したのはソクラテスでした。
個人的に私は民主主義は社会にとって最良の選択肢ではないことを確信しています。
それは、本当の力であると仮定される市民から、政治的関与を必要とするそれは常に失敗することを示されました。
人々のグループを簡単に操作し制御することが歴史の中で示されており、実際には本当の力は密かに政治家(というよりは政治家の上で糸を引く人々)の好みに変えられた時、彼らは民主主義に生きていると信じるようにされた。
民主主義の真の定義は、普通の人のニーズとゴールを達成するため、国民によって政治家が選ばれ採用される時です。
民主主義の本当の意味は現代社会に埋もれて忘れられたように思えます。
それはすべてについて操作だ。
より良い政治制度はおそらくメリトクラシー(能力主義)でしょう。
それは各人の個人的な能力をサポートし、私たちのひとりひとりが集団社会からの助けを借りて我々が望むものになるため、非常に公平な機会を持つそれらを強化します。

国連はアジェンダに対抗している国や宗教を越えて、軍事力による国のコントロールを握り介入することができるように設立されたイルミナティのための世界警察に他ならない。
Temple of Understandingが国連本部に位置していることが偶然ではないと思う。

社会主義はブラックオーダーが地球上の人々を奴隷にするために使う政治制度です。
赤い旗は彼らの最大のスポンサー - ロスチャイルドの - 個人のシンボルで実は彼ら家族の旗です。
この家族は1700年代から社会主義をもたらすことに取り組んでいました。
銀行家マイヤー・アムシェル・ロートシルト(1743年~1812年)はそのために働きそれに融資した、この家族の初のメンバーでした。
現在では、ロスチャイルドはF-U中央銀行を所有する、しかしヨーロッパの銀行はロスチャイルドによって創立されそれらに所有されたということをほとんどの人々は知りません。
中央銀行は社会主義の今後にとっての根本的な命題です。

ロスチャイルドは、原子力発電を通じて独自の自由エネルギーを構築したいと考えていた、原子力・電力業界に対抗する循環運動にお金を沢山投資している。
国家独立と主権は、イルミナティが直面しているものです。
そして、石油資源に終わりが来る時、原子力発電は石油に置き換えられるのでロスチャイルドはウランの世界資産の80%を購入している。
このように彼らは世界のエネルギー支配を持つことになります、これはそれが決してただにはならないことを意味します...。
スポンサーサイト

テーマ : オカルト・ホラー
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。