FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Illumination:the Secret Religion - Supriem Rockefeller/究極のロックフェラー

それはサタンにとりつかれた人間に可能ですか?
アイデアはいくつかのホラー映画の中で検討され、それが現実に達成できると考えている旧世界秩序のために働くグループがあった。
彼らは12人の考えられる候補を特定したが、現時点では一人の名前が確かに知られています:究極のロックフェラー。

彼は、今では「償い」と「究極の」と同期しているルシファーとして生まれたと考えられ言われている。
(キリスト教のプロパガンダに反して、サタンとルシファーは二つの完全に異なる存在である。歴史において最大の誤解の多くは、2つを誤って等しくすることによる。ルシファーはサタニストと共通点は何もない。前者は光の従者で後者は闇のしもべです。ルシファーのアイデア「償い」は馬鹿げている。唯一サタンは救いを必要としている。)
究極の主張は、偉大な恩人として彼自身を見て、ついには人類に悟りをもたらす運命にある長らく予告された救世主であること。
しかし、彼の本性を偽装しようとするサタニストにとっては全く驚くことではないでしょう。

以下では、究極のロックフェラーの限りなく奇妙な物語を概説しました。
彼は人類の未来の救世主か破壊者でしょうか?
または、正しいサークルで移動することによって、地球にサタンをもたらす古代計画の切れ端に出くわし、彼のナルシシズムを満たすために、自分自身を枠組みに入れることを決定したただの夢想家?
自分自身で判断してください。
影の同胞団

旧世界秩序はいくつかの難解な社会を後援する。
最も不吉なものの1つは、かつてゴーレムの結社として知られていた、ユダヤ人の錬金術師とカバラ使いから成る影の同胞団(または大学)である。
ゴーレムは無生物(「粘土の存在」)、オートマトンから成る創造物で、伝えられるところでは、神の名前が書かれた一枚の神を口の中のラビの場所に置いた時、それは生命をもたらすことができる。
魔法の世界では、全ての最も強力な呪文が投じられる時、「神」の真の名は呼び出される。
モーセは伝えられる所では、紅海を分かち、驚くべきソロモンの神殿をつくるのを助けるために悪魔の力を活用するのに使用した。

聖書によると、創造主によって粘土から作られ生命を吹き込まれたアダムは最初のゴーレムとして考えなければなりません。
それで、創世記が信じられることならアダムからの降下をたどって、人類はゴーレムと最も近い関係があると言えます。
彼らは完全に互換性がある。ただスペクトルにおいて異なる点。
死体の部位から作られ才能ある科学者によって活気づけられる存在、フランケンシュタインはゴーレムのより近代的な物語です。
フランケンシュタイン博士は影の同胞団のメンバーに基づくことが簡単にできた、しかし確かな証拠がありません。

影の同胞団の古代の任務は、ゴーレムのあらゆる側面と人間との相互作用を極めることだった。
現代では、彼らは人工知能、人工頭脳、ヒトゲノム、遺伝子工学、クローン術などの専門家になりました。
「二重の科学」のあらゆる側面。
多くのエリート科学者には莫大な給料が支払われている。
彼らは、人間(映画ブレード・ランナーの「レプリカント」のような)の完全な似姿を生じることを望みます。
彼らの多くはそれを純粋に科学的な努力とみなします、しかし、同胞団のより高い階級は非常に異なる狙いを持ちます。

これらのいくつかの事は、魔法とイリュージョンの助けを借りて過去に行われ、彼らは「ダブル」と「ドッペールゲンガー」に関する神話や伝説、物語全般の主役のための基を提供してきた。
(アーサー王伝説と聖杯は「ダブル」と密接に絡んでいる。彼の父、ウーゼル・ペンドラゴンがマーリンによって振るわれる強力な呪文を経由して、コーンウォール公ゴルロイスの姿に化けて、彼の妻イグレーヌ、アーサーの母と寝るときアーサーが宿った。同様に、彼の父ランスロットがグィネヴィア(それは実際にカーボネックエレイン、ペレス王の娘、聖杯の王であった)と考えに騙され一緒に眠った時、ガラハッド、聖杯騎士とアーサーの完璧なバージョンが考案された。これらはただの物語か、もしくは、ダブルの幻想を引き起こすため過去の中に存在した本当の手順の存在を彼らは仄めかしますか?
また、アーサーとガラハッドの両方が彼らはデミウルゴスの世界のルールの外に生まれたことを示している、非合法であったことに注意してください。)
これらの概念のより技術的に高度なものは、現代のSF物語や映画で定期的に特集されます。
これらの考え(しばしば普通の人々には異様で不自然)の多くは実現に達している。
人類はこの不穏な将来に夢遊病していて、来るべき悪夢に無策です。

同胞団は「影」として、本当の人間の全てのコピーに言及します。(彼ら自身はその名前故に影に立ちたい。)
彼らの一部は、彼らが完全な支配権を振るうことができる影の世界全体の夢を見ます。
「新世界秩序」は、これらの人々の口に、非協力的な大衆がその準拠で従順な偽物に置換された、手に負えない影の世界を作るためのコードネームである。
それは旧世界秩序による完全で恒久的制御の恐ろしい未来像、本当の人間が参加することはもはや歓迎されない。

(イルミナティも新世界秩序を説くがOWOの「未来像」とは逆の意味である。イルミナティはすっかり破壊された旧世界秩序の力を見てみたくて、初めて真に開放される人類のため、どんな人種、国、性別や身元に由来し子供たちと特権の受益者ではない - 最も大きな能力を示す人々 - 実力者を率いる。とりわけ、貪欲は新世界秩序から排除しなければなりません。表現においてお金は諸悪の根源で、お金の過剰な量のための欲求を煽るので「お金」は「貪欲」に置き換えられるべきである。)

影の同胞団の最も高い部隊の場合、それらのタスクは最もすべての不吉な、何が秘密かを意味することではありません、
それは長らく予告されずっと議論が続いている。
「反キリスト」を生み出すため、あるいはサタン自身よりも高い1つのレベル。

1600~1793年の間に影の同胞団の力はピークに達した。
彼らはダブルスで置き換えることによってフランス革命のギロチンから多くの著名な貴族を救った。
有名な話、紅はこべは同胞団のメンバーの活動に基づいていると言われています。

「あちらだ、こちらだ、おいらは捜す、
フランス人めも、くまなく捜す。
み空にいるのか――地獄にか?
姿消したる、紅はこべ。」


本当の紅はこべは、評判ではダブルの技術の達人でそれゆえ追手から逃れるための特異な能力があった。

最も論争になったダブルによる全ての置き換えについて騒ぎは、アリマタヤのヨセフが組織していると主張され、その時率いた影の同胞団により磔の刑になった、おそらくイエスキリストのことだった。
コーランでは以下のように述べる
「本当に、我々はメシア、マリアの息子イエス、神の使徒を殺した。」
[彼らは言った]...しかし、彼らは彼を殺していない、はりつけにしていない、だから類似が彼らのために作られた...」

1793年、影の同胞団の司令部は親勤王派の強い同情でトゥーロンの重要なフランス港に拠点を置いた。
その年の8月に、都市自体が革命的なフランスの他の敵とスペイン、イギリスにサポートされている新勤王派の軍に占領することを許可されていた。
強力な英国艦隊は陸軍をサポートしていた。
革命軍は港を包囲し、長く困難なキャンペーンの後にのみ、彼らは都市をとった。
革命軍にとってのインスピレーションは、ナポレオン・ボナパルトと呼ばれる華麗な若い男だった。
彼はフリーメーソン、薔薇十字とロベスピエールの弟を含む主要なジャコバン派の友人だった。
砲兵の天才、ボナパルトは都市と英国艦隊の両方を圧する大砲のための最適な場所を見つけました。
ボナパルトの秘密の任務は影の同胞団の司令部で砲撃を指示することであった。
彼はそれを破壊することに成功した。
グランドマスターを含む多くの同胞団が殺された。
彼らのいちばん大切な文章や書籍の多く、そして彼らの仕事に必要とされるかけがえのない器具が失われた。
これはすべて同胞団を終わらせた壊滅的な打撃だった。

主流の科学は1800年から現在までの期間で強くなったように、影の同胞団は解散もしくは地下深く消えていたと信じられていた。
さて、それは彼らが古代のオカルトスキルとともに最先端の科学を組み合わせ、旧世界秩序の富と権力で大規模に支えられ、再登場すると考えられる。
彼らの指導者たちは、最も暗い技術に焦点を当て白紙委任状を与えられている。
最も不浄な同盟は不穏なことが殆どできなかった。
人類の暗い懸念を実現することができる。なぜ危険を冒す?
あなたは人々が旧世界秩序から力をつかみ、特権エリートに比べてすべての人々の利益のために世界の国々が走りだすことを保証するために何もしないのはなぜ?

1936年エジプトのオカルト信仰者ロロ·アーメドは言った。「その精神的な自己が既に死んでいるか、問題に陥りつつあるそれ自身を分離した私たちの地球を歩いている人々がいます。いくつかの魂は、贅沢と豊かさ、体の美しさ、知的な輝きと機知、内にある神のスパークとともに最小の繋がりを失い、その力のためだけに生きている、だから故意に物質世界の快楽に自分自身を投じる。飢えと無視、これが徐々に自身を分離して、その背後にある生活と知的な死体を残して、神のソースに戻ります。その他の物理的、道徳的、精神的な悪の生活を送る。暗闇の中で自我や魂は文字通り失われ圧倒されるまで。」

これは、旧世界秩序がメンバーの多くの正確な記述を提供します。
アーメドが言及していないのは人間が魂を獲得することを防げるということです。
特定の黒魔術師はこの「スキル」に特化しています。

1970年代には、影の同胞団はサタンのホストを務める12人の考えられる候補が特定された。
これらの12人は特定の状況で生まれなければならなかった。
レネゲード司祭は彼らが魂を持たずに生まれたことを確実にするため黒魔術の儀式を行った。(唯一の無情なゴーレムがサタンによって引き継がれる可能性があるため)
これらの「生ける屍」は完全に人間なのでほとんど人に見えるが、彼ら全ての目つきは奇妙な生気の無さを示す。
(目は魂の窓ならば、そして魂がないならば、目は何のためにあるのでしょうか?)

同胞団は、「三重螺旋のDNA」を使用し破壊されることなくサタンの魂をホストを務めるのに十分にそれらを堅牢にして、潜在的なホストのDNAを強化していると言われている。

サタンはかつて彼が化身となっており、1つの世界のリーダーとなり、旧世界秩序のそれよりもずっと悪い、偉大な専制政治が始まるだろう。
レックスムンディ、世界の王、デミウルゴス自身が、黙示録の到来前に、個人的に彼の創造を支配することができるようになります。

究極のロックフェラーはロスチャイルド家の著名なメンバーにも言及されているが、現時点では器量の良いホストと言われています。
成功した候補者は、金融、政治的または軍事的世界に優れた、彼のライバルのすべての成果を凌駕することによって、彼の価値を証明しなければならない、あるいは他人と致命的な闘争に従事しなければならないと考えられている。
立っている最後の男は、それが必要なものであることを実証するでしょう - 必須条件は、狡猾さ、無慈悲、野蛮と良心の欠如。

2012年は、12の空の容器が最終的に選ばれることに関する意思決定の年になると言われている。

ナチス理論

一般の傑出に究極のロックフェラーをもたらす他より多くのことを行った人はWes Penreです。
彼は素晴らしい仕事を行ない(潜在的な危険に彼を引き入れる)、なんとか何人かの強力なプレーヤーと非常に親しくなることができました。
ウェスはこのような要素を扱う時、彼らが彼を間違った方向へ導いて、思惑を隠すために彼に誤報と偽情報を流しているかもしれないことをよく知っています。
しかしウェスは、それがすべての旧世界秩序の働きと方法論を明らかにするために役立つので、材料(一切合財)を得る核心であると考えている。
彼らは誤まった指示で、奇術師の中で最も熟練したようなプロパガンダの専門家である。

ウェスの仕事は根本的に異なる絵を上で提示されるものに提出します。
それは、1871年の思索的小説ブリルでエドワード・ブルワー=リットンが打ち出す思想の影響を受けるように見えるネットワークを明らかにします:来るべき種族の力、地下で生活し「ブリルl」と呼ばれるエネルギーの驚くべき形を習得、活用した人間のような天使の支配者民族について。彼らは地下のシャングリラのような、トンネルで結ばれた広大で美しい洞窟に住んでいた。
破滅的な敗北が目前に迫っていたので、ナチスはブリルの秘密を学び、第二次世界大戦の流れを逆にする究極の超兵器として振るうことを望んだ。「ブリル協会」はおそらくアーリア人種と伝説的なアトランティスの間にあった疑惑の繋がりの探索へ捧げられた「トゥーレ協会」の中核であった​。(アーリア人がトゥーレまたはウルティマトゥーレまたはヒュペルボレイオスとして知られる彼らの北の家から、アトランティスへ旅をしてきたと言われていた)
「支配者民族」であるその然るべき主張と、アーリア人種の地球外起源と、おそらく超人的なことを明らかにする計画があった。
現代では、アヌンナキと呼ばれるエイリアン、南極大陸のナチス基地、ナチスのフライングソーサー、ニビル、アルデバラン、スターゲート、「地球空洞説」、アガルタ、ブリルジェネレータなど、受け入れるために理論は進化した。

Wes Penreは述べている:「Supriemは1974年の冬至、空軍基地で生まれた。空軍は厳密に彼の誕生を監視していたし、彼はすぐに保護され、ロックフェラーファミリー内で育った。彼の誕生は、彼が特定の時間特定の血統に生まれたことが非常に重要だったので、高度によく準備された。ずっと以前に誕生さえバチカンによって予測されたと主張している。」

ウェスは、彼らの自由でブリル発電機を持っていると主張する、トゥーレ協会であると称するグループと定期的に接触している。
彼の血液を検査し、埋め込まれた3重螺旋DNAを起動させ、世界的リーダーになる唯一の力を与えるため遺伝学を改ざんした「相応しい時」彼らは登場した。
ウェスはトゥーレ協会が真に彼らが永久の力であると信じているかもしれないと述べている。
彼らは自らを人類を救うのを助ける、人類の後援者として描写する。

伝えられる所では、Suprimeは実物のマルドゥク・ラー(のちのアメン・ラー)とルシファーの生まれ変わりで、非常に強力にミックスされたすべて、古代の過去から他の神のDNAを所有している主張した。
彼はサタンではなくルシファーだと主張し、光の運び手、世界の唯一の生存のために願っている。
彼が言うように、彼の任務は、背後にいるパワーエリートのリーダーを団結させることで、彼に続く彼らのリーダーとして彼を受け入れ、新しいエデンに世界を変えるために巨大な富と権力を使っている。
デービッド・ロックフェラーとロスチャイルド家の分家はおそらく彼の努力において彼を支えます。

Suprimeは理論が行くように、人類と「神」として地球に帰還してくる唯一の平和を望むアヌンナキ、との間の調停者の働きをするだろう。
1つは、人類はアヌンナキの奴隷の役割でキャストされるだろうと唯一想像することができる。

Supriem、彼の伝えられるところでは、重く改ざんされたDNAは、複雑で不安定、深く偏執的かつ危険であると言われています。
トゥーレ協会さえ、状況のコントロールを失うことを恐れSupriemが今、彼自身のアジェンダを持っているかどうかわからないので心配であると考えられている。
もっと詳細にこの問題を検討したい人は、ウェスの研究に以下のリンクをご覧ください(我々がこの記事の作成に使用した)

http://servicetoone.wordpress.com/

http://illuminati-news.com/pdf/SupriemRockefellerMessiahOrAntiChristByWesPenre.pdf

これまでのように、慎重にそして懐疑的にあなたが読んだすべてを考慮してください。
そしてあなた自身の結論を出してください。
ウェスに与えられたロックフェラー/トゥーレ「計画」は我々は完全に拒絶し、誤報と偽情報と考えるものです。しかし、決心するのはあなたです。

*****

理論(wikipediaからの抜粋から)の主要な面のいくつかの概要を以下に示す:
http://en.wikipedia.org/wiki/Anunnaki

アヌンナキ(アヌンナク、アナナキ、他のバリエーションとして転写)はシューメールとアッカドとバビロンの神々の集団。
その名前は様々に書かれ、"a-nuna", "a-nuna-ke-ne", または "a-nun-na", 「王家の血統のもの」の何かの効果または「王子の子孫」を意味する。

http://en.wikipedia.org/wiki/Aldebaran#Gnostic_Neo-Nazis

テンペルホーフ・ゲゼルシャフト(共同体)と呼ばれているオーストリアのウィーンに本部を置く難解なネオ・ナチス宗派は、マルキオン主義と呼ばれているグノーシス主義の教えの形を1990年代初期に創立する。
彼らは、アーリア人種はもともとアルデバラン星(この情報はたぶん、「"古代シュメール語の写本」に基づいている)からアトランティスに来たと主張してパンフレットを配布しています。
アルデバランからアーリア人は黒い太陽のブリルエネルギーから自らの力を引き出すと彼らは言い張る。
アーリア人種が地球外起源から、すべての他の種族を支配することが神の使命であると彼らは教える。
それは、アルデバランから地球へ向かっている巨大な宇宙艦隊が到着したとき、欧米の帝国を確立するため南極からナチスの空飛ぶ円盤と力を合わせることをこの宗教の信奉者によって考えられている。

http://en.wikipedia.org/wiki/Zecharia_Sitchin

ゼカリアシッチン(1922年生まれ)は疑似科学の他の側面の中に、古代の宇宙飛行士が関与する人間の起源の説明を促進している本の著者である。
シッチンは古代シュメールの文化の創造は、彼がニビルと呼ぶ惑星(地球独自の太陽系に長く引き伸ばされた楕円軌道とシュメール神話がこの見解を表すと主張)からきたエイリアン種族「アヌンナキ」(またはネフィリム)のものであると考えます。

http://en.wikipedia.org/wiki/Thule#Aryan_Thule

ナチ神秘主義者は、トゥーレやヒュペルボレイオスがアーリア人の古代起源だと信じていた。
これは19世紀にコーネリアス・オーヴァー・ド・リンデンにより「発見」されたフリジア語の原稿『 Oera Linda Book 』にまつわる噂から始まったものである。
原稿は1933年にドイツ語に翻訳され、ハインリッヒ・ヒムラーに支持された。
原稿は以来、徹底的に信用されています。

伝統主義学校の解説者ルネ・ゲノンは「イニシエーション単独の根拠」において古代トゥーレの存在を信じていた。紋章によればトゥーレ協会は1919年に設立されている。
ドイツ労働者党(DAP)、後継の国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)に密接なつながりを持っていた。
設立メンバー3人のうちの1人がランツ・フォン・リーベンフェルス(1874-1954)であった。
リーベンフェルスの自伝(”Der Mann, der Hitler die Ideen gab”、ミュンヘン 1985)で、ウィーンの心理学者で著者のヴィルヘルム·ダーム博士は次のように記している。
「トゥーレゲゼルシャフトの名は、神話のトゥーレ、つまり消滅文化である北欧のアトランティスからとった。トゥーレに住む超人の民族は、魔力を通じて宇宙と繋がっていた。彼らは20世紀をはるかに上回る精神的・技術的パワーを持っていた。この知識をもって祖国を救い、新しく北欧・アーリア・アトランティックの民族を生み出さなければならない。新しいメサイアが現われて、人々を目的地へと導くだろう。」
SAの歴史を記した彼の著書『ゆるぎなく堅固に歩む Mit ruhig festem Schritt 』(1998年)では、1943年から1945年までヨーゼフ・ゲッベルス宣伝大臣の副官を務めたウィルフレッド・フォン・オーフェンが、トゥーレゲゼルシャフトのトゥーレは歴史的にピュテアスのトゥーレであることを確認している。

http://en.wikipedia.org/wiki/Thule_Society

トゥーレゲゼルシャフトの主要な焦点はアーリア人の起源に関する主張であった。
トゥーレはギリシャ・ローマ地理学者によって遥か北にある土地だった。
用語「アルティマ・トゥーレ」(ラテン語で)最も遠いトゥーレ)はGeorgicsと呼ばれる牧歌的な詩にローマの詩人バージル(ウェルギリウス)が言及されている。
しかしトゥーレの起源はおそらく、スカンジナビアバージルの名前は単に既知の世界の境界線のことわざの表現として使用しており、彼の言及はスカンジナビアに中身のある参照として解釈されるべきではない。

ナチ神秘主義者によって古代のヒュペルボレイオスの首都、極北の失われた古代大陸としてアルティマ・トゥーレを特定したと言われている。グリーンランドもしくはアイルランドに近い。
失われた大陸はかつて大西洋の中に存在しそしてそれがアーリア人種の故郷だった。スワスティカ(卍、鉤十字)のモチーフの分布を参考することにより理論を裏付けた、イグナチオ・L・ドネリーによるこれらの考えは初期の推測に由来した。
彼はこれをプラトンのアトランティス、19世紀の第二部の間に神秘主義者ヘレナ・ブラワツキーによって開発された理論と同一視した。

http://en.wikipedia.org/wiki/Vril

ヴリル協会の存在はジャック・ベルジュとルイ・ポーウェルによって1960年に最初に主張された。
彼らの本の中で1960年に登場したル·マティン·デMagiciensは、彼らはヴリル-協会はプレ・ナチス・ベルリンのオカルト主義者の秘密のコミュニティだったと主張した。

ムッシュグルジェフの著書では、ヴリル協会はカール・ハウスホーファー将軍(ロシアの魔術師と形而上学者ジョルジュ・グルジェフの学生)によって設立されたと、ルイ・ポーウェルスは主張した。
ポーウェルスは後でグルジェフの関係で多くの主張を撤回。ヴリル協会の存在の信念が明らかに持続している。

陰謀理論 - 詳細に主張

これらの著者によると、ヴリル協会は、アーリア人種の起源を探索するアルティマ・トゥーレの「隠されたマスター」との接触を求めること、そして瞑想や他の技術を実践し、個々を強化する神ヴリルのフォースの習得を目的とし、1921年に「形而上学のためのすべてのドイツの協会」として設立された。
これは、ザグレブ(アルデバラン系のアルファタウリに住んでいるアーリア人エイリアンから通信を受けたと主張する)のMaria Orsitsch (Orsic) 並みのトゥーレゲゼルシャフト率いる女性の精神的媒体のグループを形成した。

伝えられるところでは、これらのエイリアンが地球を訪れ、シュメールに定住、言葉ヴリルが伝えられるところでは、 "神のような"古代シュメール語の言葉Vri - llから形成されていた。(実際は、Vri·llはシュメール語では何も意味せず、シュメール語には/ V /の音素がなかった、またシュメール語は言葉の最初に子音の塊を許さないので、シュメール語とすることさえできなかった。”神”のためのアッカド語は確かにイルムですが、シュメール語ではdingirです。)
第2の媒体は、シグルーン、名前が語源Sigrune関連し、ヴァルキューレと北欧の伝説でヴォータンの9人の娘のうち1人として唯一知られている。
ヴリル協会は19世紀の終わり以前にベルリンで薔薇十字団の不明確なグループによって設立された、と同時に1918年ベルリンでカール・ハウスホーファーによって設立された、と他のソースは述べる。
他の人がそれはもともと光の兄弟と呼ばれていた、と主張しているもののヴリル協会はまた、ルミナスロッジやライトのロッジとして知られていたことをいくつかのソースは述べる。

伝えられるところでは協会がヴリルのフォースを目覚めさせるようにデザインされている集中演習を教えるだけでなく、主な目的はアルデバランに到達するためにRaumflug(宇宙飛行)を成し遂げることだった。
これを成し遂げるため、ヴリル協会はアルデバランのエイリアンから精神的な啓示に基いて相互次元飛行マシンを含む意欲的なプログラムに資金を提供するために、トゥーレゲゼルシャフトと疑惑のDHvSS (Die Herren des schwarzen Steins, ブラックストーンノマスターズ)に入会した。

ヴリル協会のメンバーは、アドルフ·ヒトラー、アルフレローゼンバーグ、ハインリヒ·ヒムラー、ヘルマン·ゲーリング、そしてヒトラーの私的な医師、テオドール・モレル博士が含まれていると言われています。
これらは、おそらく1919年にヴリルに入会したトゥーレ協会のオリジナルメンバーだった。
一年後、1920年にNSDAP(国家社会主義ドイツ労働者党)がトゥーレによって樹立されました。
ナチスの旗を作成するのに役立ったクルーン博士もトゥーレ会員だった。

1933年にヒトラーは権力を握り、トゥーレとヴリルゲゼルシャフトの両方は伝えられるところでは、宇宙飛行とおそらく戦争マシンの両方を目的とした継続的なディスク開発計画のための公式声明の後援を受けたと信じられている。

機能的な試作品が今までに作られたという証拠はない。
いくつかの相互次元モードで移動するという能力の主張は、Jenseitsflugmaschine(他の世界飛行マシン)とヴリル Flugscheiben(飛行ディスク)とチャネリング飛行のヴリル主張に似ています。

隠されたマスター(ヴリル協会のメンバーとその敵対者、ユダヤ人の世界の陰謀)、ベルリンから南極にヒトラーや他のナチスによる脱出は、空飛ぶ円盤、秘密のナチスの発明、そしてアルデバランからのサイキックチャネリング力とエイリアンは明らかに陰謀説の要素である。
まだこの理論(グッドリック·クラークの黒い太陽のいくつかの章を除く)の支持者の包括的学術調査がないように思われるように、彼らの動機は不明である。
スポンサーサイト

テーマ : オカルト・ホラー
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。