FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アングロイスラエリズムのルーツと新世界秩序(要約)パート4(ラスト)

ソース:http://www.illuminatimembers.com/illuminati%20members%20list.html

西暦1550年 フリーメイソン
Aキルウィニングロッジは、最初のフリーメーソンのロッジであり、アイルランドのゲール人が最初にスコットランドに定住した地域の近く、スコットランドのキルウィニングに位置していた。
カナン人の血統は、多くのフリーメーソンの祖先を通じて維持されます。

Bエレウシスの秘儀のような古代の謎の宗教と同様に、フリーメイソンのメンバーは最初から秘密結社の謎のすべてを語られていない。
最大の謎が明かされる前に、一つは、複数のレベルを通過しなければならない。
ほとんどのメンバーは最高レベルに達することはありません。
より少ないメンバーは一般的に、彼らの信じたイニシエーション上の至高の存在を信じ続ける。

Cメイソンリーの最高レベルで、ハイブリッドのカナン人/エジプト人神殿が祀られている。
フリーメイソンの観点によると、女神イシスは、神殿の筆頭である。
1。自由の女神像は、女神イシスです。

2。ワシントン記念碑はオシリス(イシスの夫)[オシリスとイシスの神話を参照してください]の欠落した男根を表しています。
この巨大な男根は、セックスや陰茎および多くを崇拝するイシスに関する神話とはほとんど無関係だ。

3。カトリック教徒と正統派ユダヤ人と違って、上位メイソン達は、エジプトのアメン神(エル、ヤハウェ)を最高神であるとは考えていません。むしろそれは、女神イシスです。

4。高位メーソンの大多数は、ファラオ・カエサリオン(イエス)を崇拝しないか、少しの敬意の念も彼に抱かない。
西暦1586年 サン・ピエトロ広場(バチカン)
Aサンピエトロ広場のオベリスクは教皇シクストゥス5世の指示の下、ドメニコ・フォンターナによって建設された。
シクストゥスも、バチカンのセントジョン・ラテラノ大聖堂のちょうど外にもう一つのオベリスクを建てた。
このオベリスクは、カルナックにあるアメン神の神殿から運ばれた。
それはオリジナルの聖書でモーセに変更された名前、ファラオトトメス3世によって建てられた。

Bオベリスクは共に神アメン・ラー(カナンのエル/ヤハウェ、キリスト教の聖書の神/主)の住居を表し、最も強力なキリスト教の教会の中庭、にエジプトの神が"宿る場所"が建っていることは完全に無知で奇妙に見える。
迫り来るオベリスクは、サン・ピエトロ大聖堂の中庭にゼウスのための祭壇を築いているのも同然だ。
多くのカトリック教徒は、彼らが崇拝する神の性質に気が付いていないが、彼らは実際にはタナハ(ヘブライ語聖書)の神を崇拝するすべての信仰として、アメン神(エル)を崇拝している。

C神殿のハイブリッド・カナン人/エジプトの神々の残りに対する考慮では、彼らは別々の神ではなく、彼らがアメン神自身のしるしに進化している。
もう一つの選択は、神殿の残りが彼らの「神のステータス」を失い、カトリック教会内の聖人、使徒あるいは天使として見受けられるようになったということだ。
非現代的キリスト教徒の作家の文章から、具体的または歴史的証拠は、12使徒、弟子、非聖書の「教父」あるいは初期の司教の誰も、その存在を証明できていない。
このウェブサイトの著者は、8行目に初期の「キリスト教の教会」の主張された司教をすべて研究しており、それらがかつて存在したという証拠は見つからなかった。
聖ペテロと聖イグナティウスの墓は後の教会メンバーによって設計された空の記念碑だ。

Dファラオ・カエサリオン(イエス)、キリスト教の創始者は、選ばれた神の子としてカトリック教徒によって崇拝されている。
フェニキアのアルゴスとそれからマケドニアの入植者から、そのカエサリオンの血統縦軸を忘れないでください。
彼はまた、シーザーを通じてローマ帝国の正当な後継者であったが、彼は結実した神聖ローマ帝国を見ることはなかった。

Eフリーメイソンのオベリスクであるワシントン記念塔とは異なり、サン・ピエトロ広場に位置するひな形はペニスを表すものではないし、フリーメイソンの解釈とは全く関係がない。
カトリック教会は、フリーメイソンは罪の深刻な状態にあると見なす。
フリーメイソンは、カトリック教徒と反目してきた長い歴史がある。

F歴史的な違いにもかかわらず、現在フリーメイソンとカトリック教会は、唯一の世界政府を作るために、イスラエル、英国王制と彼らの血縁関係と共に取り組んでいる。
カナン人の血統は彼らすべてを結びつける。
英国王制は目標を達成するために競合する方法を好み、他のグループの間で主導的な役割だけでなく調停者を演じる。

*興味深い事実:
中世全体で、現在サンピエトロ広場にあるオベリスクの頂点に金属の地球儀は取り付けられた。
これは、一般的にガイウス・ユリウス・カエサル(カエサリオンの父)の遺灰を含んでいると考えられていた。
現在の場所にオベリスクを建てる役割を担当していた、建築家ドメニコ・フォンターナが球体を開けると埃しか見つからなかった。

西暦1870年 黒い貴族
Aイタリア王国の軍隊がローマに乗り込み教皇制度を打ち倒した後、ローマ法王は一種の囚人としてバチカン市国に残った。
イタリアの王室の若干数は法王を支持して懲役刑を悲しんだ。
これらの男性と女性は黒い貴族と呼ばれていた。

B黒い貴族はヴェルフ家のメンバーであった。
そして、すでに英国王制やその他のヨーロッパの家族との関係を維持した。
その後、黒い貴族のメンバーがカトリック教会内の高位のポジションのために選ばれた。
法王十二世は黒い貴族のメンバーだった。

Cさておき、宗教関係から、英国王制は、カトリック教会内の黒い貴族との重要な絆を偽造した。

リアルアングロイスラエリズム(権力構造):
注:アングロ・イスラエリズムは1600年代半ばに牽引力を得る始めた比較的新しい概念である。
この非常に簡略化した図は、次のグループを結びつける認識の関連を示しています。
明らかに、すべてのイスラエル人がフリーメイソンであるというわけではありません
しかしメイソンであるものは関連を維持します。
同じことが、一部のヴェルフ子孫にも言えます。
同様に、全てのフリーメイソンはカナン人の血統ではありません。
それでも選ばれた数は関連を維持します。
権力構造はこのような関連の強さに基づいています。

NWOパワーランク(最大から最小)
1。英国王制
2。イスラエル
3。ヴェルフ家関係
4。フリーメイソン
5。カトリック教会

英国王制と300人委員会
(2010年9月現在)
現行王制とNWOの最高指導者:エリザベス女王二世

このウェブサイトは、300人委員会のこの現在のリストの元のソースです。
西ヨーロッパ(つまりルクセンブルク)における当社の連絡先を通じて、このリストが確立され、検証されています。
我々は、この貴重な情報を広める私たちの助けのためのウェブサイト作成者に何百ものを感謝しています。
あなたが私たちの努力に値するものを見つけたら、あなたのウェブサイト上のリンクにilluminatimembers.comを入れてください。自由な人類が勝つ可能性があります。

このウェブサイトに含まれるどんなイメージも使用するのはやめてください。
彼ら全員は著作権で保護されます。
我々は、同様に費用をカバーする必要があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。