偽情報サイトから真実サイトを分ける最適な方法

ソース:http://www.jimstonefreelance.com/disinfosites.html

ウェブサイトが本物か反対のメンバーによって経営されるのを知る時、リトマス試験として使用できる3つの偉大な原子力関連のトピックがあります。幸いにも大きなものの多く、アイク、アレックジョーンズ、ナチュラルニュース、WRHなどやより小さなものの多く(少数はアレックジョーンズはそうではないと主張するかもしれないが)は本当に反対派です。しかし、彼はこの特定の核のリトマス試験をパスします。
真実は特に少なくとも真実を語った(とはいえ多くの場合一瞬)知名度の高い出版物を考慮すして、単に誰もが見逃すのは自明なので、この簡単なテストに落第する人は誰でも反対派であり得るだけです。

否定出来ない明らかな真実#1 - 日本の地震は提示されたものではなかった。

9.0の地震は決して起こりませんでした。あなたがこの事実を知るために必要とする全ては、核兵器による津波が押し寄せて全く被害を受けていない都市の写真を見ること、仙台の被害報告では崩壊した建物はゼロで、地震の記録はピークマグニチュードは6.67、内陸100kmであったことを示します。この事実は津波が押し寄せたように地震の被害のないことを示す複数のYouTubeビデオと、もし日本が本当に9.0+で、平らでない場合、上海とソウルはひどい損害を受けなければならない時、中国と韓国は全く損害がなかったという事実により完全に補強されました。

否定出来ない明らかな真実#2 - 福島はMSM(気象庁メソ数値予報モデル)で述べたように起こらず、実際には弱い人工地震と非常に大規模な核の津波にタイミングを合わせたウイルス攻撃でした。

スタックスネット(それはCIAによって書かれ銀の大皿の上でイスラエルに手渡された)は原子炉1と2で災害を引き起こし、原子炉3の騒乱は核兵器以前に(イスラエルにより防犯カメラとして小売された)原子炉3で仕事を終えました。原子炉3と4はどんなウイルスからでも破壊を防ぐ安全システムを強化したので、それらの2つは核兵器を得ました。

しかしそれはスタックスネットに関する要点から逸れています。意外な結末はここです。

続きを読む

スポンサーサイト

ポールシフトの到来

※fc2閉鎖しそうだし他のブログに移すべきなのかな。

ソース:http://82.221.129.208/poleshift.html

ポールシフトの到来

私はたった今オフラインで作業しなくてはならないが、これは私がたくさん知っている何かで、ここにいくつか詳細がある。

まず第一に、ポールシフトは間違いなく来ているし、地質学的に大西洋の底の岩に書かれて間違いなく起こるだろうという反駁できない証明がある - 私はそれが確実であることを明記したい。

私たちは大陸移動と地殻変動を全て聞いたことがある。そして多くの拡散が起こっている一つの場所が大西洋の底にある。拡散している地帯はヨーロッパとアフリカの西海岸沖から約1000マイルだ。科学者達は拡散地帯を研究し、地球は本当に磁極をかなり頻繁に弾き飛ぶことを彼らは証明した。

拡散地帯を研究する時、研究者たちは隙間を埋めるため(マントルから上がってくるマグマから)に生成された岩を調査し、そこでポールシフトは私たちにある季節が変わるのと同じくらい、地球の生活にとって一般的であるように世界最高の証拠を発見した。拡散地帯では岩の磁気方向が北と南の交互の列を指しているので、彼らはこれを証明することが出来た。岩が液体のマグマである時にだけこの磁気方向は設定することができる。そしてそれは固化するように地球の磁極の位置によって設定される磁気方向である。

大西洋の底には地質学的条件で、地球の磁極がかなり頻繁に移動している全ての疑いの余地なく証明する地質学的記録がある。それらが行う時、混乱がある。

明白なものはさておき、移住性の動物などは、季節の変化(間違いなく若干の種の絶滅を誘発する)のために行く必要がある場所に到達するために再適応しなければいけない、考慮する二つの巨大なものは、多分とても重要だろう。

まず第一に、地球の地殻は本来は磁気があり、(現時点では)地殻自体の一般的な磁気配置は、反対の極を引きつけ同様の極は反発する核の磁気配置(磁気吸引を満たす)とは反対で、主として一方向への磁気がある。それはモルテンコア(溶融炉心?)に浮かぶので、地殻が動けることをあなたは明らかに知っている。したがって、磁気で反対を引きつけるので、それは地球の中心にある反対側に両極性を求めている。

地球のコア内の磁場は地殻の上で圧倒的に支配的であるが、地殻自体に重要な磁気がある。そして中心の磁場が反対側に弾き飛ぶ場合、地殻が磁気的にバランスを取るために従うようになる、これはポールシフトの間に非常に重要だ。

最初の一年かそこらの間、私は地殻の動きに関する限り多くの行動を見るとは思っていなかった。長年にわたって地殻は間違いなくその動きにおいて加速しているだろうし、年に数フィートだけ移動した場合でも、人類がこれまで目撃しなかったタイプの地質学的騒乱があるだろう。大地震。巨大な火山。「世界の終わり」タイプのもの。そして、誰も正確に極反転時の地殻の移動がどれくらい速いのか分からない。知られている全てはそれが確かであるということだ。それが赤道の方向を変更するのにほんの数年しかかからなかった場合はどうなるだろうか?それは壊滅的だろう。

私が見てきたモデルでは南極が赤道になる。地殻は総てフリップしない、それだけでそのように半分以上なる。そして、地球の地殻の位置が本当に10万年の間さえ動かないままでいるならば、いろいろな種を決してそうではあってならない地域に置く化石の記録に注意することはとても重要だ。

けれども私自身は、単に私たちがとにかくそれについて何も出来ない(私の心配は政治的な、その上で我々に影響がある可能性がある)ので、その種類のものについて心配はしていない。極反転が寒く厳しい現実であっても、真剣に考慮すべきである何かが私たち自身の生活と文明のタイムラインの面で起こる可能性があり、それは起こり、そして起こるだろう。その時が来れば当然、間違いなく混乱があるだろう。

アムトラックの列車事故にスタックスネットが使われた

※久しぶりの更新。シオ一族はシオニストのことでしょう。
スタックスネットは間違いなく列車の衝突に使われ、それはすっかり証明されている。
ソース:http://82.221.129.208/stuxnetamtrak.html

事実1:列車がクラッシュした線路の区間は速度制限区間だった。コンピューターはその区間の間に引き継ぎ、車掌が望む場合であっても(この場合は毎時50マイル)設定された制限よりも速く進むことはできないことを意味する。
結論:車掌はこれを引き起こさなかった。

事実2:車掌は予期せず生き残り、彼がブラックアウトするまで電車の速度の表示は最大毎時50マイルを示したと述べた。しかし捜査官らはそれがクラッシュした時に列車が毎時107マイルであったことが証明されている。
結論:何かが読み取り値を提供する電子制御を故障させた。

事実3:列車の生存者は、それがクラッシュするまでガラスのように滑らかな乗り心地であったと述べた。
結論:線路にはまったくでこぼこがなく、誰も列車の速度超過を知らないくらい良い、良好な状態にあった。これは車掌からの差し迫った衝突の現実を隠しているだろう。

事実4:クラッシュは夜に起こった。そしてそれは車掌から電車の速度を隠した。
結論:彼はおそらく、ただ読み取り値を見てそれを信じただろう。そして彼が意識を失ってから起きるまで、何かが悪かったと理解しなかった。毎時107マイルで、彼はおそらくエンジンの内部に跳ね返って、列車が線路を離れた後の4分の1秒たらずで気を失った。何が起きたか理解するには全く時間が足りなかった。

事実5:エンジンは真新しく、一年より少なかった。
結論:それは全て素晴らしく新しい現代的に完璧で、コンピューター化された制御のハッキングを可能にするようプログラムされた。さらに車掌は十分にモーターがたてたすべての最後の音に精通していない可能性があり、そしてその上、おそらくモーターは列車があまりにも速かったことを隠す静けさだった。

事実6、スタックスネットかスタックスネットの変種であることを証明する決め手がここにある。列車が100以上で行っていた時に、制御読み取り値全てが一度に低速を示した。それが施設を破壊し全ての台無しにする間、どんな産業ウイルスが制御表示を普通にしておきますか?
答え:スタックスネット、そしてスタックスネットだけ。
これはイスラエルがイランの核遠心分離機の多くを破壊した方法。スタックスネットはこの列車のように、遠心分離器モーターの速度表示と速度計との間には差がない、速度は正常であったと示す間、それら全ての回転をあまりにも速く回した。シオ一族は完全にこれでまずい。彼らはこの列車をクラッシュしてその方法はない。


現在大きな疑問は、この列車はアメリカの主な政治的な通路を動くので、誰がシオ一族にその列車で殺されることを望んだのか?ということだ。

フィラデルフィアでのスタックスネットによるアムトラック事故は、政治家に頻繁に使用される


アムトラックの列車は毎時50マイルのカーブへの即時のアプローチで毎時106マイルになっている時脱線した。初期のレポートでは脱線の前に巨大な爆発があったが、列車に乗っていた人々は爆発について何も言わなかったので、私はそれらを考えるのに迷ったので何も知らないと述べた。これはスクラップヤードのように見えて、列車事故ではなく6人だけが死にましたか?うん、正しい!

これは恐らくシオ一族のハックによって引き起こされた

列車は管理者の位置に車掌によりコンピューター制御され、それが自動的に減速する必要があるときに、毎時106マイルで毎時50マイルのカーブにぶつかる方法を尋ねるため深刻な余地を残し、それは駅を離れた直後に起こった。それは近くにカーブがあったならスピードアップすべきではなかったことを意味する。

ごまかしはこれからで、何を推測する?もう一つメキシコシティのコンピューター制御された地下鉄の列車が昨日駅に来て、後部はフルスピードでもう一つの列車を終えた。彼らは通信の不具合と線路が濡れていたとしてそれを解釈したが、なんて偶然の一致!地下鉄の列車は驚くほど細かく切られた(私はそれが決して起こるとは思わなかったように)、そしてシオ一族はこの最新のアムトラック事故の以前にもゲームをしたと私は考えた。

列車はチケットがまだ集められていなかった駅を離れた後、こんなに早くアムトラック事故は起こった。ある男は「私たちは素晴らしく滑らかに、それから私たちの側で突然回転した」と言った。それは正確に全ての列車が運命の点に加速したことであるならば、起こるだろう。106で毎時50マイルのターンを試してください。もしあなたが後部座席(すべての乗客の視点)で眠っている場合、素晴らしく滑らかでただ「突然」(空白を埋める)沿って行くことになるだろう。

他のレポートは、例えば、ぐらぐらして脱線しているようになって、ブレーキはぶつかり脱線した、しかしこれは正面が脱線している状態で飛んだので、電車の後部で感じられることだ。それは全て滑らかで、それから恐らく車は正面に近かった側であった可能性が高い。
106は、毎時150マイルで走行するこの特定の列車にとって速くない。問題は106で毎時50マイルのカーブにぶつかるということだ。これが脅威ではなく、その代わりに実際の暗殺未遂であるなら、多分失敗しただろう。一台の車は、アクションの矛先を得て、信じられないほど台無しにされたが、5つはその後かなりいい状態にあった。毎時106マイルに関して悪くない。それは悪いことだったかもしれない。

私たちは全ての白い洗浄液で何が起こるか知っているので、元の声明に固執するつもりだ。私はこれを言うつもりだ。6,7年前に戻って時間枠を考えてみてください。悪い列車事故のほとんどは100年前に起こった。それから1960年台に入り彼らは事実上の前代未聞であった。1990年代になった頃、それは全てハッキングされないコンピューターが制御していたので、間違った線路や誤った速度で進む列車などの問題は存在しなかったのでそれは全て安全になった。なぜ今、輝かしいスタックスネットが発明された後、私たちは1800年代に起こったものと同様の列車事故の頻度に戻ったのだろうか?

良い質問だ。
プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR