マレーシア航空370便に関する説を調査する

「ここに答えがある。アメリカが第3次世界大戦を開始する前に秘密を得ることが出来たように、中国の技術者達はさらわれた。私たちは第3次世界大戦までの準備期間を見ている。誰もがそれが起こること、そしてペンタゴンはロシアより中国を恐れているということを知っている。」
以下は370便の消失を取り巻く最も一般的なニセの「説」です。明らかに本当の答えであるものが続きます。

1.370便はアメリカ海軍によって離陸された一時間後に撃墜された。これは飛行機のエンジンは丸5時間、衛星アップリンクを経由してメンテナンス監視プログラムにログインしたままだったという事実により、嘘であることを証明します。そしてこれだけで説1を壊します。
それが落ちていくのを見たと主張する石油採掘装置上の男についての話を理解している誰でもつんぼ桟敷で、それは完全に偽のことです。

2.飛行機に乗ったパイロットや他の乗客や二人のイラン人がトランスポンダー(応答機)をオフにしてどこに飛んだか - 飛行機はアクティブレーダーから消えて少なくとも一つ、おそらく多くの国のレーダーを通じて飛行したにも関わらず、再びレーダーに現れることはなかったという事実によってこれは嘘であることを証明することができます。そして携帯電話が繋がり次いで鳴らすことが出来た場所に飛行機が最終的に着陸したという事実によって証明されます。
飛行機は携帯電話が繋がることができた何処かへ行ったならば、そこに到達するためにアクティブレーダーを通じて飛んだ、議論の終わりです。

3.飛行機は東へ飛び続けベトナムの秘密基地(フィリピンの何処か)に着陸しました。これは西側を回ってそれを追いかけているマレーシアの軍隊によって嘘であることを簡単に証明されます。370便にとって最も見込みがある初期の目的地がディエゴガルシアであったことに同意します。しかしそれは現在塗り直されて、将来の「テロ攻撃」に使われるモハベ砂漠の外で座っているだろう。モハベやバーストウの誰?一体全体、LAでさえも?モハベの都市にある風力発電所の近くにしまい込まれたジェットパーキングに探しに行って下さい。777はそこにいてはいけない。

4.飛行機はミサイルで攻撃され、パイロットはシンガポールによって片付けられ粉砕されたコックピットから救難信号を送り、飛行機は海に墜落しました - これは777が回転して、それが当初プログラムされた自動操縦ルートの反対方向に飛んだフルフライ・バイ・ワイヤ航空機である、という事実により嘘であることを簡単に証明され、コックピットが吹き飛ばされたならそれは起こらなかっただろう。
それはパイロットを動けなくしているだろうし、自動操縦は単独で飛行機の向きを変えなかっただろう。それは単に使者が中国へ飛行機を飛ばし自動的に着陸させなければならない。
全ての最新のジャンボジェットが完全に離陸を自動化して、目的地へ飛び、パイロットの介入なしで着陸します。しかし実際にはパイロットは手動で飛行機を着陸させることを時々選びます。
自動操縦だけで説4をありそうもなくして、電子ハイジャックを非常にありえるようにします。

5.言及するにはあまりにもばかげた - フリースケールの従業員が航空機を覆い隠し盗んだ、そして/またはエイリアンがそれを取った。
その説はAWACSアンテナがどのように見るかについての冗談にとっては良かった。

説6.AWACSタイプの飛行機はレーダーやトランスポンダーを妨害することが出来ないし、一度トランスポンダーのスイッチを切ると、飛行機はレーダーから永久に消えます。
これは本当に私を怒らせ、物事が実際にはどのように動作するかの技術的側面の理解が絶対にゼロであるそこの最も愚かな人々を餌にします。
本当にこれを検討する必要がありますか?
おそらく2つの点で。はじめに、私は最も終わったものであるさくらだったトランスポンダー。
真実、多くの飛行機がそれを持っている。
嘘、全ての飛行機がそれを持っている。
事実は、あらゆるジャングル、トウモロコシ畑や地球上のあらゆる場所のあらゆる雑草の区画を飛んでいるあらゆる飛行機に乗って、それらを商業的および/または高いクラスの飛行機に溶けこませるなら、そこにある平均の大多数はトランスポンダーを持たないでしょう。
これは私の点であり、アクティブレーダーは山男の収穫ゴミ掃除のジョーがそこにいるより大きな飛行機に警報を出すことになっています。
そしてアクティブレーダーは動作します。370便が消失した時、それはまだオンのままでアクティブレーダーから消えました。妨害がないことは不可能だろう。

完全にはっきりする(と推測する)必要がある第2の点は、妨害は第一次世界大戦型の古い流派であることです。そして全てのAWACSは最初から妨害することが出来ました。それはジャンボジェットに任務をさせることの主要部です。AWACS飛行機はそれらと安全である戦闘機を保つためにレーダーを動かなくします。それは無情な厳然たる事実です。戦闘機が本当に良いジャマーを備えていない唯一の理由は、それらの上にUFO型アンテナポッドを持たず、まだまともに飛べないからです。どのようなとんちきが言い張るAWACSは何もないが、レーダープラットフォームと、主な機能があるどんな軍事システムにもサポート機能を尽くすことをサポートする代替システムがあることに気がついてないので、妨害できないことを望む人々はとてもバカである。
そして代替システムはしばしば非常に有能で主要な機能が使われてない時でも単独で使われます。そう、AWACSはレーダープラットフォームです。真実。
アンテナポッドは何でも保持することができるが、レーダーシステムのフルパワーでレーダーになりすます、カスタム調整ができるもう一つのレーダーシステムよりもレーダーシステム妨害がどんな良いことを与える可能性がありますか?
唯一の問題はどれくらいの信号をごまかし間違った信号を送ることができるか、それはなぜ370便が少なくともマレーシアのレーダーシステムの1つに見えるままでいた理由です。

さて、それでは現実と動機を始めましょう

事実:370便は留まったのが人工衛星に記録され、それらが覆う(明らかであろう)世界全体の部分を暗くすることなく妨害出来なかった。
真実は、それについて考えるならば極めて簡単にジェットでレシーバーを妨害することができるが、衛星へのアウトバウンド伝送を維持することからジェット自体を防ぐことは出来ないだろう、妨害した場合には衛星がパニックになるだろう、なぜなら衛星に妨害信号を向けて、ひどく他の飛行機全てが同時にそれらの接続を失う、それを圧倒しなければならない。
飛行機泥棒が出来るだけ秘密を望むなら、あなたは衛星を妨害することはできません。
衛星による1つのものは、飛行機が実際にどこにあるのかを見分けることは出来ないということで、信号を得たと知っているだけです。
どこに飛行がいたのかを知るために同じ飛行機に記録された全ての3つの別々の衛星を必要とするでしょう。そしてボーイングは明らかに経済的理由に直面しそうな1つの記録だけを使います。ボーイングはその飛行機を探しだせず、彼らは実際には生きていたと言うことが出来るだけです。

事実:飛行機は助かりどこかに着陸した。そしてNSAは携帯電話が鳴って死んでいなかった1つを拾ったのでどこかを正確に知っています。
同上、携帯キャリヤーにとって、間違いなくユダヤ人の勢力によって所有されて彼らの口は閉ざされたままです。
誰がやったかを知っている。それらの電話を見つける事に関する「失敗」は一つの事実が誰がこれを行ったかを証明します。

事実:全てのアラブ人ハイジャック犯ミームはとてもすり減らされ、私たちがゴミの中に属している偽造パスポート物語ということを知っているCIAは証明可能です。
さらなる笑いのために偽造された写真を追加して下さい。彼らはなぜこの線を押したのでしょうか?
AWACSのように、全ての軍のシステムには複数の目的があります。
軍のシステムがサイオプ(心理作戦)の形で情報スペクトルにある時、彼らはおそらく出来るだけどのような状況からでも有用なものを得ようとしている。
それでその一方では、おそらくwaterboardsの前に軍事機密を得ることの先駆者で、彼らのコントローラーが第3次世界大戦を起こす、彼らwaterboard(水責め?)はそれらの中国軍エキスパートです。
そしてイランを仕組もうとして、飛行機の消失を彼らのせいにして、370便をさらって中国エンジニアを盗むことによってアドバンテージを得るために捜した戦争を起こす理由として使うことが役に立つと彼らは決めました。

事実:ジャミングにともなう最初のものはトランスポンダーです。ジャミングは無線を外に送らないようにパイロットも維持します。ジャミングには全てのレーダーをごまかしている厳しい時間があり、それが予想されて完璧にならなかった計画の一部です。
そして飛行機は最も可能性が高いアフガニスタンまで乗られたと私は推測します。そこにレーダーがあったとしても、誰もそれについて覗き見たと言わないし、それがそこにあるかどうかは重要ではありません。

実際、一度飛行機が盗まれたらその通信はなりすましレーダーを止めるだけの妨害でありえます。それが何であるか知っていた誰かでなくても、他の国家のレーダーシールドを通るためAWACS飛行機の偽のビーコンを介して何か他のものとして飛行機を特定して下さい。
それはおそらく本当に起こったことです。

スポンサーサイト

形而上学論文#4 トンネルの終わりに光がある。体が死んだ後に何が起こる?

※かなり長いので時間のあるときにでもどうぞ。
The Wes Penre Papers

(A Journey Through the Multiverse)
The First Level of Learning
[http://wespenre.com]

Metaphysics Section:

Metaphysics Paper #4 : There is a Light at the End of the Tunnel
-- What Happens After Body Death?


1. 要旨

皆さんは、別のもう一回、身体が諦めて死ぬ時、何が起こるかについて考えます。
それは私たち皆に起こります、しかし何処に行くのでしょうか?
あの世がありますか?
どんな証拠がなくても多くの人々は決心して、宗教的教義(ニューエイジ)や哲学的観点、「来世はあるかもしれないし、ないかもしれない」という不可知論アプローチや、純粋な無神論や来世はないという保守的な科学的視点の周りに信念体系を創造します。

この論文による私の目的は上記の信念体系の何かを議論することではありません。
私は来世があり、魂/霊魂は肉体の死後に生き続けるということにすぐに取り組むつもりです。
それに対する疑いはなく、そこにはないいくらかのいわゆる証拠よりもはるかに圧倒的な証拠です。
それで、私たちの議論はそのレベルに着手してもっと先に持っていくつもりです。

まず第一に。この主題にたどり着く時、信用できる証人と良い研究は何ですか?
信用できる証人は以下の通りです

  1. かなり訓練された催眠術師や回帰セラピストによる催眠や回帰療法の間、物語を語っていて、詳細に何が起きているか述べることができる誰か。
    この物語はそれから多数の他の証人に裏付けられ、同じか他の催眠術師による回帰療法を行った人はほとんど同一の物語を語ります。 
    セッションとセラピストが先導しない方法で尋ねた質問は記録されました。
    しかし、依頼人(彼らの数千の数千)は基本的に同じことを言っています。
    これは行われ、私はこれらの種類の証言に言及して彼らを証拠と考えます。
  2. たった一人の証人は、トラウマやそうでなければ、彼らが死んだ後に起こったことから思いだします。
    信用できる時、これらの証言は主題に関して感慨を含みます。ポジティブやネガティブ、そして時々不本意にそれについて話します。
    証人は物語を語ることによって何も利益を得ることはないが、かなり正反対です。彼らはより奇妙であるように見られます。
    私たちには同様にそのような証人がいます、そして彼らの話の筋が通っている時、および/または、私がその証拠も考慮して、正直で誠実として人物に出会います。
    これらの目撃者は、彼らの経験を解釈するために助けさえ探したかもしれません。
第二に、良い研究とは何ですか?
  1. 私たちには多数の証人(予想される若干の小さな違いで皆同じことを言っている)に催眠術を掛けた相当数の催眠術師がいます。
    これらの催眠術師はプロフェッショナルで、過去生と(または)生命領域の間の両方(どちらか)から事件に接触したクライアントに彼らが躓くまで、彼らの一部は過去生さえ信じませんでした。
    催眠術師は主題を調査し始めて、これらの事件は本当であるとわかりました。 
  2. おそらく20年かそこいら前にはこの主題について書かれた多くの本は無かったが、その時以来、関心は指数的に増加し良い本が存在することになります。
    それらの一部は非常に研究され多くの人々が人生の間でしたポジティブな経験と必ずしも一致しません。
    これにより暗い側面が同様にあるように思われます。
この論文は別々に物語の両側を示すつもりで、私たちは二つを検討することを終わらせて何らかの結論に達するつもりです。

続きを読む

テーマ : オカルト・ホラー
ジャンル :

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR