スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アングロイスラエリズムのルーツと新世界秩序(要約)パート3

ソースは:http://www.illuminatimembers.com/antiilluminati.html

紀元前69年 クレオパトラ7世(カナンの血統)
Aプトレマイオスラインの直系の子孫として、クレオパトラはアレキサンドリアでファラオの役割を引き受けた。
Bクレオパトラはエジプトの習慣や信念を採用し、自身は女神イシスの生まれ変わりであると宣言。

クレオパトラの子供
マルクス・アントニウスとの
1クレオパトラ・セレネ2世
2アレクサンドロス・ヘリオス
3プトレマイオス・ピラデルポス(フィラデルフォス?)

ガイウス・ユリウス・カエサルとの
プトレマイオス15世 カエサル(カエサリオン)

続きを読む

スポンサーサイト

アングロイスラエリズムのルーツと新世界秩序(要約)パート2

ソースはここ:http://www.illuminatimembers.com/illuminatimembers.html

Ⅰヒクソス民族のカナン人(フェニキア人)はエジプト人の助けを借りて、故郷に都市を確立
ヒクソスはまだ神々の神殿を崇拝している。
彼らの古い神々のいくつかは、同じようなエジプトの神の属性を得ている。
他の神々は完全にエジプト人であり、新しい名前の下で採用されている。
カナン人の神殿は、エジプト人/ヒクソス民族の神レシェフ、戦争の神を称えるために建てられた。

Ⅱ沿岸域フェニキア人は地中海を探検。(ダンの部族?)
神話の私の研究に基づいて、ダンという名前は、紀元前1200年頃にフェニキアに住んでいた人々の集団を意味するようだ。
フェニキアがエジプトの支配下にあったと考えると、ダンはエジプトの行政区域を代表していたと結論付けることができる。

紀元前1199年 - カナン(イスラエル)大きなチャンスを得る

A内戦はライバルのファラオセティ2世とアメンメネスの間でエジプトで勃発。
ヒッタイト人は、エジプトとの戦いで後でまだ病み上がり。
イスラエルは、休止時間を活用して頭角を現し始めます。

B非聖書の神話によると、ダンの名はこの時期にフェニキア北部に住んでいるカナン人のグループを意味するように見える。(もしかすると聖書のダンの部族)

フェニキア人沿岸域集落は(ダンの部族)出航し貿易ルートを探す

続きを読む

アングロイスラエリズムのルーツと新世界秩序(要約)パート1

ソースはここ:http://www.illuminatimembers.com/
画像が使えないのでわかりづらいかもしれません。

イルミナティ(カナン人の血統)を追跡する:
紀元前2134年ヒクソス民族(ハビル人、ヘブライ人、羊飼いの王、カナン人)
ヒクソス民族がエジプト聖書の神話へ移行を開始
エジプト移住のためカナンに本格的な侵略が進む。
カナン人ヒクソス民族はエジプトの王位を掴む。

続きを読む

プロフィール

ゆーちゅ

Author:ゆーちゅ
主にイルミナティ関係の英文を翻訳して載せてます。
ウィングメーカーは知る人が増えたらいいなあ程度で。
影の政府や旧世界秩序、その背後にいる存在とは何者なのか!?というのが最近の謎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。